Googleアナリティクスで検索キーワード、訪問者数を調べる方法


SEOを実施されている方のほとんどはGoogleアナリティクスを活用されていると思います。
SEOは順位だけではありません。順位が上がっても訪問者がゼロでは意味がありませんので、SEOを行った結果どうなったかを測定するにはGoogleアナリティクスは必須です。




訪問者のキーワードを調べる

Googleアナリティクスは、わかりやすい解説が少なく、機能も改良されていく為はじめてご利用になる方には少し敷居が高いかもしれません。ここでは、基本的な部分として訪問者のキーワードを調べる方法を解説致します。


手順1 左メニューの「集客」をクリック

Googleアナリティクスにログインし、左メニューの「集客」をクリックし、その中の「キャンペーン」、「オーガニック検索キーワード」をクリックします。


トラフィックサマリ

キーワード欄に「not provided」と表示されていますが、これはGoogle検索からの訪問を指します。
Googleは検索エンジンなどのサービスも含めてSSLを導入した為に、Googleアナリティクス上ではオーガニック検索からの訪問キーワードを確認する事ができません。


自社サイトに無料のGoogle Searh Consoleを導入していれば、「検索アナリティクス」というメニューからキーワードの順位、検索ボリューム、クリック数などを確認する事ができます。
※詳しくは、「検索キーワードに表示されるnot providedとは?」で解説しております。


手順2 表示するキーワードを増やす

現在表示されているキーワードは訪問者数上位順に10件表示されています。
表示する行数は、最大で5000件まで確認できます。
※画面右下に「表示する行数」のプルダウンで件数を指定できます。


5000件以上を一画面で表示させる方法もあります。5000件表示画面で、URLの一番右側を見ると「3D5000/」と記述されていると思います。この5000の部分を6000とすると6000件表示されるようになります。




ランディングページごとにオーガニック検索キーワードを調べる

ページごとにオーガニック検索キーワードを調べる場合は、「ランディングページごとに検索キーワードをチェック」で解説しています。




オーガニック検索からのトラフィックを増やす為に必要な事

オーガニック検索からの集客を増やす為に、ウェブサイトのコンテンツを検索エンジン向けに最適化する事をSEOと言います。
SEOで最も重要な事は訪問者が満足するようなオリジナルの質の高いコンテンツを制作する事ですが、このコンテンツを内部最適化する事でコンテンツの力を最大限引き出す事ができます。


内部SEOはタイトル、メタディスクリプション、見出しタグ、ページのレイアウトなどの項目を検索エンジンが認識しやすくし、検索エンジンを通して検索ユーザーに情報を効果的に伝える手法です。
詳しくは、「内部SEO施策(内部対策)とは?」をご参照ください。




更に色々なキーワードで集客を行う為には?

Analyticsで集客できているキーワードは、内部SEOのみでも成果が出てくる可能性があります。
ある意味このような最適化の手法は既存のコンテンツを最大限活用する施策とも言えます。
ただし訪問者を更に増やしていくにはこの方法だけでは遅かれ早かれ集客の限界を迎えます。


より多くの訪問者に存在を知ってもらうには、キーワード選定がとても重要です。
キーワード選定の方法については、「SEOキーワード選定のコツと1ページで意識するキーワード数」で解説しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部