blockquoteタグ使い方


複製されたコンテンツや、オリジナルコンテンツの無いアフィリエイトサイトなどのコンテンツの質を見分ける為にGoogleはパンダアップデートというアルゴリズムを使用します。


ブログやアフィリエイトなどのウェブサイトは、外部のコンテンツを引用する事は一般的ですが、そのような場合でもペナルティとなるのでしょうか?
この件に関してMatt Cutts氏が回答しています。





ペナルティと見なされない正しい引用

Matt Cutts氏の発言では、この「<blockquote>」タグとともに引用元へリンクを付けてあげる事でGoogleは検知できるようです。


コンテンツの複製になるかどうかのポイントについては、自分のページで外部コンテンツの引用をした場合は、なんらかのオリジナルの意見やコンテンツと対比させるために行っているはずです。
オリジナルのコンテンツの中に、一部「<blockquote>」とソースとなるコンテンツにリンクを張るという事が引用する際には重要です。


外部コンテンツの引用が問題となるケース

外部コンテンツをそのまま複製・引用してしまったり、様々な外部コンテンツの引用のみで構成されているページ、オリジナルのコンテンツが無い場合は順位に悪い影響を及ぼしそうです。
このような施策は楽にSEOで順位を上げる為のスパム行為となります。


複数の外部サイトの文章をつなげて一つのコンテンツにするとスパム?

複数の外部サイトの文章をつなげて一つのコンテンツを作る事はGoogleのガイドライン違反となります。
この場合、きちんと元となるコンテンツを表記し、URLも記載した場合でもスパムとなる可能性があります。
Matt Cutts氏が回答しています。



Yahoo!(Yahoo!Japanとは異なります)はスティッチング(パーツを縫っていくというイメージ)と呼ばれるテクニックには、悩まされていました。


スティッチングとは、例えばAという外部サイトの記事のうち2~3行を取り出し、Bという外部サイトの記事から同じく2~3行、Cからも同じく取ってきて自分のページに入れ込んで組み合わせる事を指します。
これらはスパムと認識され、単純に引用するだけでは、評価はされません。


訪問者はテレビのクリップショーのようなものは見たいとは思いません。
彼らが見たいのはオリジナルのコンテンツであって、抜粋の塊を見たいわけではありません。


ウィキペディアのようなサイト

多くの異なるサイトの情報を取り出して、綺麗にまとめるというのは良いでしょう。
例えばWikipediaは、特定のトピックに関して重要事項をまとめ、これらの引用元を示しています。
単純にテキストのコピーではなく、要約してこれらの情報を統合し、可能な限り中立の立場でコンテンツを提供しています。


このような多くの人々に支持されるページであれば良いでしょう。
単純なコピーで構成されるページはリスクも高く、出来れば避ける事をおすすめします。




パンダ・アップデートでは中身のないコンテンツに対する評価、役に立つコンテンツに対する評価をアルゴリズム的に判断し順位に反映させています。
重複コンテンツ、ページの完全な複製を避け、引用するのであれば、訪問者にとって意味のある情報を正しく引用しましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部