フレーム構造のページと検索エンジンの相性


本製品ではフレーム構造のページのチェックをします。
以前よりiframeやフレーム構造のページはSEOでは不利と言われています。Googleの公開するウェブマスター向け ヘルプで、「フレーム」については、「関連付けられるよう努力していますが、それを保証することはできません。」と記述があります。




フレーム構造のページとは?

フレーム構造とは、通常の1枚で構成されるページとは異なり、複数のページを呼び出す構造です。


フレーム構造の例

フレーム構造のページは、以下のように複数のページを呼び出して構成されます。


フレーム構造の例

フレーム構造のページ例

なぜGoogleはFrameページが苦手か?

検索エンジンはURL単位で検索順位を決めます。
一つのページに別のページを表示させるframe構造のページでは、適切な評価をしにくいという事があるのでしょう。
frameで外部ページのコンテンツを張り付けても基本的にはそのページのコンテンツとして認識されないようです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部