Rank Reporter

ソフト404検知設定

ソフト404検知は、Sitemap Creatorがサーバーから404エラーが正しく返されない状態(ソフト404)のリンク切れを検知します。「ページが見つかりません。」といったページがブラウザ上で表示されているにも関わらず、サーバーからのHTTPステータスエラーのレスポンスが返されない場合に使用します。一般的には一部のECサイトのカートシステムで特定の無効な商品番号を定義している場合などに使用します。


Sitemap Creatorが無効なURL(ソフト404)を多くクロールしている場合は、「ソフト404検知」の設定を行う必要があります。


ソフト404かどうかをテストするには、ウェブサイト上に存在しないページを一時的にルートURLとして設定してみます。


例)http://www.yoursite.com/thispagedoesnotexist
("yoursite.com"はあなたのウェブサイトのドメインに置き換えます。)

もしSitemap Creatorが指定したURLでエラーを検知せずにクロールしてしまう場合は、「ソフト404検知」の設定を行う必要があります。


「ソフト404検知」を設定するには、エラーページ上で表示される、「ページが見つかりません」などのテキストを入力して、「追加」ボタンで追加します。


※下の画像では、「ご指定のページはございません。」と「ページが見つかりません。」のテキストを「ソフト404テキスト」として設定しています。Sitemap Creatorではこのテキストが表示されているページをエラーページとして扱います。


どのようなテキストを入力するべきかを確認するには、通常のウェブブラウザを使用して、存在しないウェブページにアクセスします。




その他SEO支援ツール


検索順位チェックツール
Rank Reporter

検索順位を毎日自動で取得できる!


内部SEO支援ツール

SEO Composer

ドメイン・ページ無制限で内部SEOチェック!




SEOツールはどう使う?

おすすめ無料・有料SEOツール