Rank Reporter V5
登録できるキーワード、ウェブサイト数無制限




Rank Reporterは、Google、Bing等の検索順位を取得できるソフトウェアです。
あなたのサイトと競合サイトの順位を自動で定期的にチェックする事ができ、履歴表示画面で現在までの順位の推移をキーワードごとに閲覧できます。

※Yahoo!JAPANは特殊な為、高度な設定の「DNS Poolを使用」のチェックを外す事で順位取得可能です。


ご注意点

素早く順位取得を行える製品ではございません。本製品で安定した順位取得を行う場合は、同一IPでブラウザ検索を行わない時間帯(例えば深夜にスケジュール設定を行う)を推奨します。



※ご注文いただくことにより、本製品の使用許諾契約書に同意いただいたものとみなします。


8,980円(税込)

プルダウンからクレジットカード・PayPal・銀行振込をお選び頂けます。
銀行振込の場合には、決済確認まで1~5営業日程かかる場合もございます。


安心!30日以内の返金保証

製品が動作しない、機能にご満足頂けない場合は、ご購入から30日以内であれば返金・返品可能です。
※銀行振込・コンビニ決済の返金の場合、振込み手数料はお客様負担となりますので、予めご了承ください。


機能 無料版 製品版
Google、Yahoo!、Bing対応

※海外検索エンジン対応

登録サイト数 2つまで 無制限
キーワード登録数 10個まで 無制限
上位100取得※最大500位まで
順位取得とレポート
PDF、EXCELレポート
コマンドラインインターフェイス
定期的な自動順位取得 ×
メールサポート ×
無料マイナーアップデート ×
価格 無料 8,980円(税込)




Rank Reporterの基本機能


国内主要検索エンジン対応!(Yahoo!、Google、Bing)

検索エンジンの種類

国内の検索エンジンだけではなく、海外の検索エンジンの順位チェックができます。


検索エンジン結果ページの仕様が変更された場合は、随時アップデートで対応しております。


※現行バージョンのみのアップデートとなります。
※Yahoo!Japanの順位は検索エンジンの仕様上10件表示での取得のみの対応となります。



スケジュール設定で自動順位追跡

スケジュール登録をすればRank Reporterを起動せずに、
バックグラウンドで順位取得を行います。


スケジュールは日毎、週毎、月毎で設定する事ができ、取得結果をEメールで通知します。


>>スケジューラ設定の方法

※PCは起動させておく必要があります。



レポート出力機能

グラフや表を使用したレポートを作成する事ができます。
レポートは順位取得後に自動で生成してEメールで送信する事もできます。


>>レポート設定方法




競合サイト順位履歴

順位チェックを行いたい競合サイトを事前に登録する事で、自社サイトと競合サイトの順位履歴を比較する事ができます。


競合サイト順位比較



Rank Reporterの優れている点


年間更新ライセンス不要

他のサービスやツールでは、月額、年額で利用料が発生しますが、
Rank Reporterは余分な更新費用はかかりません。
またURLの登録数、検索キーワード数の制限もありません。



検索エンジンの取得方法を細かくカスタマイズ

設定項目を細かく調節する事で順位取得にかかる時間を短縮したり、
検索エンジンに負荷をかけないようにヒューマンエミュレーションでランダムに設定したり、
取得する順位の上限値の変更したりとご利用の状況に沿ってお好みに調節する事が可能です。


>>検索順位取得方法の設定



検索エンジンテンプレートを活用して、他の検索エンジン順位も取得

上級者、プロ向けの機能として、検索エンジンテンプレートを活用する事ができます。
Rank Reporterで対応していない検索エンジンであっても、
テンプレートを作成する事で順位取得を行う事も可能です。




検索エンジンの種類


Rank Reporterは以下の検索エンジンをサポートします。
上級者向けには、対象とする検索エンジンの種類をご自身で追加・編集できる
「検索エンジンテンプレートエディタ」が利用できます。

※検索エンジンの追加方法に関してはサポート対象外とさせて頂きます。


国内検索エンジン

Google


Yahoo

Bing

YouTube


海外検索エンジン

Google (US、UK、Canada、Australia)

Yahoo! (US、 UK、 Canada、Australia)

Bing (US、UK、Canada、Australia)

Ask.com

AOL


Rank Reporterは順位取得を行う為の検索エンジンテンプレートを作成する事ができます。
詳しい使い方は、検索エンジンテンプレートをご確認ください。




海外導入実績

Inspyder Software Inc.のSEOツールは海外で多くの企業に導入され、高い評価を獲得しています。

導入実績



動作環境

Windows Vista
Windows 7
Windows 8 / Windows 8.1
Windows 10
(32-bit / 64-bit対応)

※.NET Framework 4.0が必要。(.NET Framework 2.0はサポート外です。)
上記OS以外、および以下のような動作環境での使用については動作保証およびサポートの対象外となります。
 ・Windows 7 Professional および Ultimate 上の Windows XP Mode での使用
 ・Intel Mac や各種仮想環境ソフトウェアにより構成された Windows 環境での使用


メモリ:1GB以上
HDD空き容量:1GB以上
インターネット接続環境必須




ご注意事項

原則一台のPCでの利用となります。PC買い替え等の理由で複数のコンピュータ上で本ソフトウェアを同時に使用しないことを条件に、本ソフトウェアを特定のコンピュータから別のコンピュータへ移動させることができます。

ご購入前に必ず使用許諾契約書をご確認ください。

検索エンジンの仕様が変更される事により、順位が取得できない場合がございます。
その場合は、検索エンジンテンプレートのアップデートをお待ち下さい。
または、詳しい方でしたら直接検索エンジンテンプレートを編集頂く事もできます。
検索エンジンの仕様が変更された場合には、修正に時間がかかる場合もあり、また技術的に対応できない場合もございます。予めご了承ください。
商品、サービスの性質上、ご購入から30日を経過後の返金・返品はお受けできません。
取得できる順位は最大で500位までです。(初期設定では100位までとなっております。)

サポートはメールのみとなります。




活用方法TIPS

Rank Reporterでは、毎日深に検索順位を自動で取得できるなスケジュールを設定を行う事ができますが、PCが常に稼動している状態でなければなりません。


もし、一定時間PCを操作しないと自動でスリープモードに入る設定となっている場合には、以下の手順でWindows上のタスクスケジューラの設定を変更する事でスリープモードの状態でも自動的にスケジューラが起動して順位取得を行う事ができます。


※まず事前にRank Reporter上でスケジューラ設定を行った上で、Windowsのタスクスケジューラの設定を行います。


Windows タスクスケジューラ設定

  • Windowsの「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」の順にフォルダを開き、「タスクスケジューラ」というプログラムをクリックします。

  • 画面左側の「タスクスケジューラライブラリ」をクリックします。
    タスクスケジューラライブラリ

  • 画面上部中央の一覧から、Rank Reporterで設定した「タスク名(Rank Reporter)」を探し、ダブルクリックします。
    タスク名

  • プロパティの画面が表示されますので、画面上部の「条件」タブをクリックし、「タスクを実行するためにスリープを解除する」にチェックをつけ、「OK」をクリックします。
    スリープ解除

以上でPCがスリープモードの状態でも、自動で順位チェックを行う事ができます。


ページ上部




その他SEO支援ツール


XMLサイトマップ作成ツール
Sitemap Creator

ウェブサイト全ページを効率よくインデックス


内部SEO支援ツール

SEO Composer

ドメイン・ページ無制限で内部SEOチェック!