検索結果で表示されるサイト名を適切に管理しよう

2022年10月14日にスマートフォン検索時にサイト名が表示されるようになり、全ての言語で同様の処理が完了したようです。2023年3月にはデスクトップ検索にもサイト名が表示されるようになりました。

サイト名
サイト名

一部のウェブサイトで適切なサイト名が表示されないこともあるようですが、そのような場合はトップページに構造化データを追加することでGoogleに表示すべきサイト名を通知できるようです。

サイト名はサブドメインレベルで指定できる?

モバイル検索、デスクトップ検索ともにドメインレベル、サブドメインレベルでサイト名を指定することができます。。一方でサブディレクトリ単位で個別に指定することはできません。www. や m. から始まるサブドメインは例外としてドメインレベルとみなされるようです。

  • 現在、Google 検索はドメインで定義されたサイトにつき 1 つのサイト名のみサポートしています。つまり Google 検索では、サイト名はサブドメイン レベルやサブディレクトリ レベルではなく、ドメインレベルでサポートされています。通常、www や m で始まるサブドメイン名は、ドメインレベルであるとみなされます。
    サポートされるhttps://example.com(ドメインレベルのホームページ)
    サポートされるhttps://www.example.com(ドメインレベルのホームページとみなされる)
    サポートされるhttps://m.example.com(ドメインレベルのホームページとみなされる)
    サポートされるhttps://news.example.com(サブドメイン レベルのホームページ)
    サポートされないhttps://example.com/news(サブディレクトリ レベルのホームページ)
Provide a site name to Google Searc

サイト名に使用できる文字数は?

John Muller氏の発言によると特に制限はないようですが、表示されるデバイスによって長いサイト名は省略されることもあるため、簡潔な文字数使用が推奨されています。一般的に認知されているサイト名の略称があれば、alternateName プロパティを追加して指定することもできます。

<script type="application/ld+json">
    {
      "@context" : "https://schema.org",
      "@type" : "WebSite",
      "name" : "Example Company",
      "alternateName" : "EC",
      "url" : "https://example.com/"
    }
  </script>

詳しい方法については「Google 検索に対してサイト名を指定する」をご覧ください。

サイト名が正常に表示されないケース

  • 構造化データを正しく追加して、Googleがページをインデックスしても意図した通りにサイト名が表示されず、代わりにサイトのドメインが表示されてしまうこともあります。Googleが指定したサイト名を使用すべきか判断できない場合(例えばサイト名が一般的すぎる、他のサブドメインなやサイトで同じ名称が使用されているなど)にこのような結果となることがあるようです。Danny Sullivan氏の回答
  • トップページが検索された場合に表示されるサイト名と、下層ページが検索された場合に表示されるサイト名が異なることもあります。この場合については、今の所明確な対処方法はアナウンスされていません。(Googleにフィードバックは送りましたが回答は得られていません。)

SE Rankingの競合&キーワード調査ツール

この記事を書いた人

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。
【著書】
分析が導く 最新SEOプラクティカルガイド」(2022年5月27日発売 技術評論社)
最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(2017年9月20日発売 技術評論社)

>>著者情報の詳細

Search Times
閉じる