サイトリンクを表示させてGoogle検索結果を目立たせる


当サイトも運営当初はサイトリンクは表示されていませんでしたが、2013年1月時点でサイトリンクが表示されている事に気が付きました。
Adwordsの広告にもこのサイトリンクという機能があり、通常のGoogle検索でも特定の条件がマッチすれば表示されます。一つ一つ解説していきます。




サイトリンクのメリット

通常検索時でも、PPCでもこのサイトリンクのメリットは他と比べて目立つという点が挙げられます。
検索結果ページの上部の面積を大きく占める為、クリックされる確率もあがります。
このあたりは意識してコントロールできると集客改善につながると思います。
内部SEOではタイトル、ディスクリプションを目立たせる事も重要ですが、サイトリンクも忘れないようにしましょう。




通常検索時のサイトリンク

サイトのタイトル、ブランド名などで検索するとある条件ででてきます。
当サイトの場合は社名の「アレグロマーケティング」で検索すると以下のように表示されます。


googleサイトリンク

サイトリンク表示の条件

そのサイトの検索からの集客が一定以上ある必要があり、サイト内のページが複数ある事、検索結果で1位である事と言われています。当サイトでいうと「アレグロマーケティング」は社名で、他に同じ名称のサイトが無いという事、一定の検索からの集客があるという事だと推測されます。


サイトリンクのコントロール

主に社名や製品名などでサイトリンクが表示されますが、サイト内のリンクをたどって自動的にサイトリンクが生成されます。ですので、たまに表示させたくないページもサイトリンクにでてきてしまいます。


このような場合は、Search Console(旧ウェブマスターツール)を活用しましょう。Search Consoleの左メニュー内の「検索のデザイン」を選び、「サイトリンク」をクリックします。

検索結果に表示されるURLとサイトリンクで表示させたくないURLを入力し、「順位を下げる」をクリックします。


サイトリンクは検索クエリによって変わる

GoogleのWebmaster Central Help Forumで、John Mueller氏の発言によると、サイトリンクは検索クエリによっても変わる為、完全に非表示にする事はできないようです。


サイトリンクに表示させる内容をコントロールする事で、検索ユーザーを適切にページへ導く事ができます。
詳しくは、Search Consoleヘルプの「サイトリンク」をご参照ください。




Adwordsでのサイトリンク設定

PPCの場合もサイトリンクを表示させることが可能です。もちろん通常検索の結果とは異なるPPC広告枠の中で表示されます。当サイトでもAdwordsは活用していますが、サイトリンクを以下のように設定しています。


adwordsサイトリンク

サイトリンクの表示条件

キャンペーンの品質スコアが高い事、広告の掲載順位が高い事など様々な要素が関係するようですが、通常検索のサイトリンクと比べて断然コントロールしやすいので、Adwordsを行っている方は絶対設定しておきましょう。


サイトリンクの設定方法

キャンペーンごとに設定する事ができます。まずサイトリンクを設定したいキャンペーンを選択します。2段目のタブ内の「広告設定オプション」をクリックします。


「新しい広告設定オプション」をクリックして、サイトリンクを設定します。


細かい作業ですが、Adwords、Search Consoleともにチェックして最高のパフォーマンスが出せるように設定しておきましょう。




検索結果を目立たせる方法

検索結果画面でクリック率を上げる為の方法は他にもあります。
詳しくは「SEOで適切なページタイトルタグの付け方」で解説しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部