サイトリンクを表示させてGoogle検索結果を目立たせる

サイトリンクで目立たせる
アレブログ(アレグロのブログ)

サイトリンクのメリット

通常検索時でも、PPCでもこのサイトリンクのメリットは他と比べて目立つという点が挙げられます。
検索結果ページの上部の面積を大きく占める為、クリックされる確率もあがります。

通常検索時のサイトリンク

サイトのタイトル、ブランド名などで検索するとある条件ででてきます。
例えばSE Rankingというブランド名で検索すると以下のように表示されます。

サイトリンクの例

サイトリンク表示の条件

そのサイトの検索からの集客が一定以上ある必要があり、サイト内のページが複数ある事、検索結果で1位である事と言われています。

現時点でGoogleが自動的にサイトリンクを生成して表示していますが、将来的にはウェブ担当者による入力もあり得るようです。

サイトリンクのコントロール

主に社名や製品名などでサイトリンクが表示されますが、サイト内のリンクをたどって自動的にサイトリンクが生成されます。表示させたくないページもサイトリンクに掲載されてしまう事もあります。

サイトリンクの品質を向上させるための方法としては、サイトの内部リンクに対して、簡潔に情報を記述し、アンカーテキストの繰り返しを避けてalt属性のテキストを使用する事としています。

サイトリンクは検索クエリによって変わる

GoogleのWebmaster Central Help Forumで、John Mueller氏の発言によると、サイトリンクは検索クエリによっても変わる為、完全に非表示にする事はできないようです。

サイトリンクに表示させる内容をコントロールする事で、検索ユーザーを適切にページへ導く事ができます。
詳しくは、Search Consoleヘルプの「サイトリンク」をご参照ください。


Google広告のサイトリンク設定

PPCの場合もサイトリンクを表示させることが可能です。もちろん通常検索の結果とは異なるPPC広告枠の中で表示されます。

Google広告 サイトリンク設定

サイトリンクの表示条件

キャンペーンの品質スコアが高い事、広告の掲載順位が高い事など様々な要素が関係するようですが、通常検索のサイトリンクと比べて断然コントロールしやすいので、Google広告を運用するのであれば必ず設定しておきましょう。

サイトリンクの設定方法

キャンペーンごとに設定する事ができます。まずサイトリンクを設定したいキャンペーンを選択し、左メニューの「広告表示オプション」をクリックし、新しい広告オプションとしてサイトリンクを追加します。


Googleの検索結果ではサイトリンク以外にも、強調スニペットやローカルパック、PAAといった多くの特別な要素が表示されます。各要素の表示に対応するにはSERPチェッカーを活用すると効率的です。
※SERP(Search Engine Result Page)はサープと読み、検索結果のページの事を意味します。

アレグロマーケティング
より実践的な検索順位チェックツール・SERPチェッカーの活用方法 アレブログ🎵 検索順位チェックだけで満足していませんか?熟練のSEO担当者は順位だけでなくSERPも分析して施策を練ります。※SERP(Search Engine Result Page)とは検索結果ページを意...
実践的なSERPチェッカーの使い方
お役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!
アレブログ(アレグロのブログ)
閉じる