hreflangとジオターゲット(地域ターゲット)設定


Search Consoleでは、登録したドメインごとに地域ターゲットを設定する事ができます。
国別コードを持つトップレベルドメイン – ccTLD(.jpや.ieなど)の場合は、既に国情報と関連付けられるようなので特殊な設定は不要ですが、ジェネリックトップレベル ドメイン – gTLD(.com、.org など)では、地域ターゲティングにより、地域に関連する検索結果の精度を向上できるようです。
※TLDはトップレベルドメインを意味します。
尚、.londonや.madrid、.tokyoなど新しいTLDの場合には、gTLDと同様に扱われるようです。


地域ターゲットについて
新しいトップレベル ドメイン(gTLD)に対する Google での取り扱いについて



国ごとにドメインを購入する必要はない

一つのドメインで複数の地域ターゲット(ロケーション)を設定する事は可能か?といった質問に対してMatt Cutts氏は以下のように回答しています。

サブドメイン・サブディレクトリごとに設定

もしドメインを一つ所持していれば、Search Console上でサブドメインやサブディレクトリ単位で個別サイトとして登録できます。
サブドメイン・サブディレクトリ単位で個別に登録すれば、地域ターゲットを個別に設定する事ができます。


.frや.de、.ukなどドメインごとに追加する事もできますが、もし一つしかドメインがなかったとしても、この方法であれば異なる多くのドメインを購入する必要はありません。




地域ごとにhreflangを使用して言語に対応したページを指定

日本語、英語、フランス語のような具合に各言語ごとにサブドメインで区切ってウェブサイトを運営している場合には、各言語のサイトごとにhreflangでお互い指定する事で、Googleは各言語のウェブサイトを認識し、検索ユーザーに適したURLを検索結果に表示するようです。


hreflang記述場所

Googleは「ヘッダーの HTML リンク要素」、「HTTP ヘッダー」、「サイトマップ」の三つのケースを紹介しています。
別のウェブサイトになりますが、個人的には、簡単に設定できるhtmlのheadセクションへの記述を行いました。


方法によってはGoogleの処理や動作に違いが出そうですが、少なくとも「ヘッダーの HTML リンク要素」、「サイトマップ」に関しては同等に処理されるとJohn Mueller氏がコメントしていました。



記述方法

例えばexample.comのドメインは英語向けで、このウェブサイトの日本語版をjp.example.com、フランス語版をfr.exmaple.comとして運営するのであれば、各言語のヘッドセクションに以下のように記述していきます。


言語を示すコードは、「ISO 639-1」を調べて入力します。


example.com(英語)

<link rel=”alternate” href=”http://jp.example.com” hreflang=”ja” />
<link rel=”alternate” href=”http://fr.example.com” hreflang=”fr” />


jp.example.com(日本語)

<link rel=”alternate” href=”http://example.com” hreflang=”en” />
<link rel=”alternate” href=”http://fr.example.com” hreflang=”fr” />


fr.exmaple.com(フランス語)

<link rel=”alternate” href=”http://example.com” hreflang=”en” />
<link rel=”alternate” href=”http://jp.example.com” hreflang=”ja” />


MENA、EU、ASIAのようなリージョンコードは理解されない

hreflangで使用する国の代わりに、MENA、EU、ASIAといったようなリージョンコードを使用しても無意味なようです。
fr-euのような言語も認識しないようで、順位に使用される事も無いようです。

https://twitter.com/methode/status/1022002877110411264


hreflangで指定するエントリー数には制限は無い

John Mueller氏のTwitterコメントによると言語はいくつでも指定できるようです。ただし、量が多くなった場合にはサイトマップの方が管理しやすいかもしれません。


詳しくは「ページのローカライズ版について Google に知らせる」をご確認ください。


hreflangで対応する各言語のコンテンツのタイトル

各言語で対応するコンテンツのタイトルについては、各言語間で単語単位で翻訳する必要はないようです。内容が同等であれば、自然な文章を第一に心がけましょう。



hreflangで指定した対応する各ページの評価は統合されるか?

canonicalと混同されがちですが、canonicalのように指定したURLに評価を統合することはなく、ページごとに評価されるようです。



「適切にhreflangを指定すれば、オーソリティーシグナルが統合されるか?」といった質問に対して、John Mueller氏は、そのようなシグナルでは無いとコメントしています。



ISO 3166-1に従って言語を記述

hreflangでサポートされる言語について、Googleのヘルプでは次のように記述されています。


The value of the hreflang attribute identifies the language (in ISO 639-1 format) and optionally the region (in ISO 3166-1 Alpha 2 format) of an alternate URL.


hreflang属性の値は、代替URLの言語(ISO 639-1)とオプションの地域(ISO 3166-1 Alpha 2)で識別されます。


ISO 3166-2については言及がなく、サポートされていないようです。




hreflangを誤って設定するくらいなら何も指定しない方が良い?

hreflangを指定するメリットは、各言語や国で適切な言語バージョンのページを検索結果で表示させる事が出来る点ですが、複数言語のページ間で指定する場合は非常にややこしいです。
誤って指定してしまう位なら何もしない方が良いのでしょうか?GoogleのJohn Mueller氏の発言では、どのように誤った指定しているかによるようです。
redditで説明していましたので紹介します。
What’s worse – bad Hreflang implementation or none at all?」参照。


hreflangの指定が有効ではない場合(インデックスされていないページへのリンクや、無効な言語コードなど)、Googleは無視するため、何も設定していないのと同等(hreflangのリンクごとに判断され、問題ないものがあれば、それらは動作する)になります。hreflangが誤ったページを指定している場合(例えば英語版の魚のページからスペイン語のチキンのページを指定)は、何も指定しない状態よりも悪影響を及ぼすでしょう。




Googleの処理方法も改良されている

2015年1月29日にGooglebotを改良した事をアナウンスしています。
地域対応ページのクロールとインデックス登録


以前の仕様

  • Accept-Language HTTP リクエスト ヘッダーを設定せずにページをリクエスト
  • 米国と判定されるIPアドレスを使用

上記の仕様では正しくクロールできないケースもあったようです。


現在の仕様

  • Googlebot は、リクエスト内で Accept-Language HTTP ヘッダーを使用
  • 米国からと判定される現在の IP アドレスに加え、米国外からと判定される IP アドレスも使用する

Googlebotが現在の仕様に変わっても引き続き「hreflang」の指定は推奨しているようです。


最近のGoogleでは地域ターゲットはccTLDとSearch Consoleの設定を使用

以前のGoogleでは、サーバーの場所とccTLDから検索結果に表示すべき地域を判断していましたが、現在ではccTLDとSearch Consoleの設定を使用しているようです。つまり動作するのであればサーバーの位置はどこでも構わないようです。



日本の企業でも海外でECサイトを立ち上げるケースを聞きますが、英語圏の場合は、カナダ、オーストラリア、イギリスといった国、地域によっても通貨や使用する単語が異なるので、細かい設定が必要になりそうですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部