正しいHTMLは検索順位に影響する?

正しいHTML文法

HTMLのコードに関しては、内部SEOの一要素として「HTMLやCSSの記述が正しいとGoogleからの評価が高まる」といった噂が以前に出回っていましたが、実際の所はどうなんでしょう?

一般的に、閉じタグ忘れなどでブラウザで正しく表示されない場合以外はブラウザ側で自動的に修正してくれる為、訪問者が気にする事の無い部分ではあります。以前にGoogleの社員だったMatt Cutts氏が発言した内容をもとに解説します。

目次

Googleは不正なHTMLを正しく処理できる?

正しく、綺麗にHTMLを書く理由はたくさんあります。
メンテナンスや改良がしやすい事、簡単に他の人に記述を渡すことができます。

GoogleのクローラーはHTMLの文法ミスやエラーを補正して理解

Googleは現在公開されているウェブをもとに分析する必要があります。
現実的に多くのウェブページで構文エラーや不正なHTMLがある為、Googleのクローラーはこれらを補正した上で理解できるように作られています。

HTMLの記述ミスは評価に悪影響?

構文ミスのあるページはとても多い為、GoogleはHTMLの記述が誤っていてもペナルティを与えるといった事はありません。

記述ミスの中では閉じタグ忘れでブラウザが判断できず正しく表示がされなくなる事もありますので、その場合は順位に関係してくると思います。
EdgeやChrome、Firefox、Safariなどの主要ブラウザ正しく表示されているかは少なくともチェックしておきましょう。

タグ内が空(ブランク)の場合にGoogleの評価に影響する?

コーディング専門の人間からすると気持ち悪がられますが、順位には全く影響しませんのでHTMLやCSSに詳しくなければ修正する必要はないでしょう。HTMLに関する古いSEOの都市伝説の中には「GoogleはHTMLコードとページに表示されるテキストの比率を見ているのではないか?」といったものもありますが、これについてはGoogleのJohn Mueller氏は明確に否定しています。

HTML5使用の際にSEOで問題は生じるか?

John Mueller氏のTwitter発言によるとHTML5を適切に使用していれば、SEOにおいて問題が生じる事はないようです。
また、<article>、<nav>、<header>、<footer>、<main>、<mark>といったタグ自体をランキング要素に使用しているかという問いに対しても否定しています。

Googleは情報の品質を評価

Googleは情報の品質を評価します。
つまり、HTMLの記述が非常に優れているかどうかより、検索ユーザーが必要なもっとも関連性の高い情報を得る事ができるかどうかを見ています。

正しいHTMLを記述する価値

検索順位を上げる事を目的としてHTMLの記述を修正する意味はありません。どちらかと言えば、ウェブページのメンテナンスや修正管理の為に、正しいHTMLを書く必要はあるでしょう。

古いSEOチェックリストは一旦捨てて最新のSEO要素を確認しておきましょう。
詳しくは、「SEOチェックリストと評価項目 企業のウェブ・SEO・ブログマーケティング業務担当者向け」で解説しています。

お役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!
目次
閉じる