SEO・検索広告におけるキーワードグルーピングの重要性と作業効率化

キーワードグルーピング

検索キーワードの適切なグループ分けは、熟練のマーケッターでも骨が折れる作業です。検索エンジンは複数のグループ(複数のページ)に同じキーワードを含めない方が良いと発言しています。なぜならグループの状況を把握しにくくなるからです。

検索エンジンマーケティングの成功の鍵は「コントロール」です。もし不明な要素がたくさんあった場合、そのデータは不明瞭となり、最適化作業もあなたの予想を裏切ることになり得ます。期待に沿った結果に結びつける為に、適切なキーワードグループ化作業は重要です。

キーワードグループ化に関しては、純粋に計画上はこのようになるかもしれません。あなたのキーワードに関する状況は常に変化する為、均等化や入札、ターゲティングに関しては柔軟に対応する必要があります。

キーワードのグループ化とは

キーワードグループ化とは、同じ傾向を持つグループにキーワードを分類することを意味し、従って一方のグループに対する作業は、間違いなく別のグループへの結果に影響を与えます。この方法は、あなたの検索マーケティング施策の競争力を次のレベルに押し上げます。

例えば、「2020年 おすすめマットレス」、「マットレス ネット通販」の2つのクエリがあったとします。これらはどのように活用するべきでしょうか?同じページに両方のクエリを使用しますか?それともそれぞれ別ページで使用しますか?

この質問に対する答えは、競合を分析する事と、Google上でこれらのキーワードで掲載されているページの傾向が似ているかどうかを調べる事でわかります。

Googleは検索クエリの意図をAIを使用したアルゴリズムによって理解します。逆にSEOを行う際には、様々なクエリの検索結果の類似度を見ていく事で、類似の意図を持つクエリを一つのグループに分類していく事ができます。

私達にとってキーワードのグループ化作業は、検索エンジンの機能を使って、個々の検索クエリに関して検索ユーザーの意図を理解する作業とも言えます。

但しこの作業は手作業で行うとかなりの時間がかかります。最近では、自動的にキーワードグループ化を行ってくれるキーワードグルーピングツールのおかげで、単純なボタン操作で実施できるようになってきています。

キーワードのグループ分けによるSEOとPPCへのメリット

あなたのSEOとPPC戦略を強化しつつ最初にすべきことは、ビジネスに関連するキーワード(ロングテールキーワードを含め)を収集して大規模なリストにまとめる事です。

簡潔な広告グループはCTRや品質スコアの改善に繋がるため、キーワードグループを適切に管理する事は、PPCマーケティングの費用対効果改善の為に重要です。また、キーワードグループを適切に設定する事は、コピーライティングや、ユーザーや検索ロボットに提供するコンテンツの品質改善にも繋がるため、SEOに関してもメリットがあります。具体的には以下のようなメリットに繋がります。

  • ユーザーの意図の把握。トピックにフォーカスしたSEOにより、検索ユーザーに対してより詳細なコンテンツで対応できます。
  • ページ上で上位表示されるキーワード数の最大化。ページ別に1クエリでコンテンツを作成するより効率的です。
  • 不要なキーワードの除外。大量のキーワードリストをグループ分類する過程で、不要なクエリを簡単に見つけていく事ができます。 
  • 対応に必要なコンテンツページ数を把握。分類した結果から、作成が必要なコンテンツの数とトピックを認識する事ができます。 
  • 効果的なサイト構造を理解。サイトリニューアル前に、グループ化の分析を通して適切なサイト構造を検討する事ができます。
  • コンテンツページは少なくなるものの、重複するコンテンツを防ぎ、品質の高いコンテンツの割合が増える事で、個々のページの評価が分散する事なく集約される。
  • 時間の節約につながる。不要なキーワードや重複コンテンツを防ぐ事で、効率性が高まる。

既に述べたように、キーワードグループ化作業を手動で行う事は重労働です。しかし、作業を自動化する事で、より簡単に行えるようになってきています。作業軽減のヒントと方法については次の通りです。

STEP
クエリ選定

広範囲なキーワードリサーチから開始します。キーワード選定ツールや、ウェブ分析を使用して、様々なソースから軸となるキーワードに関連するキーワードを収集します。無料・有料のツールに関わらずたくさんのキーワードデータを分析する事で、いくつもの手法を見つける事ができ、どのグループが最善のパフォーマンスを得られるか確認する事ができます。

STEP
上層キーワードグループ作成

上層のキーワードグループを作成します。大きく幅広いグループとなります。あなたの主要なプロダクトやサービス周辺で上層のキーワードグループを作成する事が鉄則です。例えば、マットレスを販売しているのであれば、上層グループは「マットレス おすすめ」、「マットレス メーカー」、「マットレス 評判」を含みます。

STEP
サブグループ作成

より小さなサブグループを形成します。各上層グループは、そのグループに関連する一定の修飾要因を含む特定のキーワードリストに分割します。例えば、「マットレス メーカー」のグループは、「シーリマットレス」、「サータマットレス」、「ブロイヒルマットレス」などのようなサブグループを含みます。このような細分化によって、一定の階層構造と論理構造を作成します。

STEP
下層グループ作成

より明確で小さな関連性のある下層グループを作成します。下層レベルのグループを、厳密に調整された非常に小さなグループになるまで分解してください。また、検索クエリについては以下の要素も考慮した方が良いでしょう。

  1. 親グループでは、派生語や複数形を意味するキーワードを含めましょう(例えば特に英語の場合「mattresses」)。
  2. 類義語や他のバリエーションの使用は、特定のワードやフレーズでユーザーが正確な結果を得る為の手助けとなります。対象キーワードとする事で、CTRや品質スコアの改善に繋がります。
  3. 誤字脱字については特にグループを作成しないでください。検索エンジンは十分賢く誤字脱字を認識する事ができる為、考慮する必要はありません。
  4. 重複するキーワードを複数のグループに割り当てる事もできます。同じキーワードを様々なグループに配置する事で、より効果的な配置を判断する手助けとなります。

キーワードグルーピングツール

このような作業の他、適切なオンラインツールを見つける事も重要です。現在では、メーカーから多様なツールが提供されています。
単純にグループ内のキーワードを収集するだけでなく、キーワードを相互に比較でき、最高の検索順位を確保する為に最も効率的な方法でサイト内の各ページに整理して割り当てる事ができるツールを探しましょう。

キーワードグループ化は、ロングテールトラフィック向上に繋がる

一般的には、検索ボリュームの多さに注目する傾向があります。ロングテールキーワードをターゲットにしているだけでは、多くのトラフィックを獲得する機会を逃してしまいます。
注目する価値がある部分として、ロングテールキーワードは、一般的に購買に最も近い状態にある顧客が使用するクエリであるという事です。

ロングテールキーワードを対象に書いたコンテンツは、順位変動で不安定になる可能性は低いです。従って、マイクロターゲティングを実施して、顧客のニーズにコンテンツをマッチさせる事ができます。

結果的に、あなたのビジネスの強みに関連するキーワードグループを作成する事で、コンバージョンに寄与する特定のキーワードと接点を持つ事ができ、更に対象とするキーワード順位向上に役立ちます。 検索エンジンは単一のキーワードを分析するのではなく、1つのWebページで提供されているすべての内容を隅々までチェックしてそのトピックのテーマを把握します。

このような手法を活用する事で、主要キーワードでの順位向上に貢献する、力強いコピーを作成する事ができ、ロングテールキーワードを使用して充分なトラフィックを獲得することが出来ます。

キーワードグループ分類は時間短縮に繋がる

最近では、個々のキーワードに対してコピーを作成する意味はなくなりました。一つのキーワードのグループを対象とした洗練されたコンテンツを作成するほうがより効果的です。

例えば、以下のようなキーワードを対象にランディングページを作成するとします。

  • ドルチェ&ガッバーナライトブルー 評判
  • ライトブルー 香水 評判
  • ライトブルー レビュー 評価
  • ガッバーナライトブルー レビュー

お気づきのように、これらのバリエーションは同じキーワードを対象としていて、組み合わせはいくらでも考えられます。コピーライティングの観点で効果的な方法としては、コンテンツ内にこれらのキーワードを全て含める事となるでしょう。
例えば、オンラインレビューを目的としたリンクを掲載する記事などがあります。

対象のキーワードは最もトラフィックボリュームの多いものにした方が良いでしょう。この場合、「ライトブルー 評価」が適切です。このキーワードは、タイトル、メタディスクリプション、URLに含める事ができます。その他の比較的ボリュームの少ないキーワードパターンは、小見出しや本文テキスト内に含める事ができます。

このように、各キーワードを対応するコンテンツを4ページ作成するかわりに、1ページで全てのキーワードに対応するコンテンツを作成する事は、ページに悪影響を及ぼす重複コンテンツを注意する必要がなくなり、時間の効率化にもつながり、効果的に他社と検索エンジン上で競争する事ができます。

例えば、SE Ranking の キーワードグルーピングツール はこのようなケースにおいて最適なツールです。大規模なデータベースを親グループとサブグループにすばやく分割できる様々なオプションも提供されています。

全てのグループは階層構造で分類されます。あなたのキーワードリストに新しい検索クエリを追加する場合は、SE Rankingがそれらのキーワードを数分以内で適切なグループに振り分け、検索ボリュームまで調べて表示してくれます。

キーワードグルーピングツール
キーワードグルーピングツール

キーワードグルーピング後には、分類したリストをSERPチェッカーに登録しましょう。

SERP(Search Engine Result Page)とは検索結果ページの事を意味し、サープと呼びます。

作成したグループ通りにクエリを管理する事ができ、順位だけでなくSERPの状況まで分析して更なる施策に展開していく事ができます。

SERPチェッカーの詳しい使い方については以下のページをご覧ください。

アレグロマーケティング
より実践的な検索順位チェックツール・SERPチェッカーの活用方法 アレブログ🎵 検索順位チェックだけで満足していませんか?熟練のSEO担当者は順位だけでなくSERPも分析して施策を練ります。※SERP(Search Engine Result Page)とは検索結果ページを意...
実践的なSERPチェッカーの応用例
お役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!
アレブログ(アレグロのブログ)
閉じる