SEOを実施して検索順位に反映されるまでの期間


SEOを行った後に時間がたってもなかなかその効果が出てこない場合があります。
1ヶ月経過しても順位が変わらない、100位圏外のままとなっている場合は、原因として2点考えられます。




検索ロボットに巡回されなければ順位にも反映されない

検索順位に反映されるまでの期間は、検索エンジンのクローラーがそのウェブサイトを巡回する頻度に依存します。


順位に反映されるまでの期間とクローラーを呼び込む方法

早ければ数日のうちに、遅ければ2~3ヵ月たっても検索エンジンのクローラーが巡回しない場合もあります。
素早くクローラーに巡回してもらう方法については、「XMLサイトマップとは?検索エンジンロボットに効率よくページを巡回してもらう」で解説しています。


複数のウェブサイトを運営する場合は、XMLサイトマップの更新作業に手間がかかります。
このようなケースでは、専用のXMLサイトマップ管理ツールのSitemap Creatorを使う事で、定期的に複数のウェブサイトの更新情報を確認し、XMLサイトマップを更新してアップロードまでを自動化できます。
結果的に作業に必要な時間を短縮し、効率の良いウェブサイト運営に繋がります。


Googleサイトマップの仕様をサポート

XMLサイトマップ作成ソフト Sitemap Creator

Sitemap Creatorならsitemap.org準拠のXMLサイトマップを作成します。
有償版では、一度スケジューラ設定を行う事で定期的にウェブサイトを巡回してXMLサイトマップを更新し、検索エンジンへの通知も自動化します。





ビッグワードでのSEOはギャンブルに近い

選定されたキーワードが競合の多いビッグワードでSEOを行った場合、競合となるウェブサイトよりも検索エンジンに評価されない限り、なかなか順位に反映されません。


1ヶ月以上たっても100位圏外となっている場合は、難易度が高すぎるキーワードを選定している事が考えられます。
立ち上げてまだ間もないウェブサイトの場合は、ビッグワードに1~2ワードを増やした複合キーワードと呼ばれるニッチワードでSEOを行う事をおすすめします。


よくあるキーワード選定の失敗

良くある失敗例は、立ち上げて間もないウェブサイトで、充分なコンテンツが無い状態にも関わらず強豪大手サイトひしめくビッグキーワードでSEOを行い、何ヶ月(何年)もの期間をロスしてしまうパターンです。このようなケースでは、上位表示される可能性が限りなく低い為、効率の良いSEOとは言えません。


まずは上位表示の確率の高いニッチキーワードでSEOを行い、徐々にウェブサイトの評価を上げていきましょう。
良質なページをコツコツと増やし、専門的なウェブサイトを作り上げ、SEOを継続していくことで、複合キーワードであっても後々ミドルワードやビッグワードで上位表示されていく事もあります。
ロングテールSEOという手法が参考となるでしょう。


ウェブサイトの評価は、サイトの歴史、コンテンツの質、リンクポピュラリティーなどによって変動しますので、ビッグワードで上位表示を行うには長期的なスタンスで良質なコンテンツ増やし、ウェブサイトの評価を蓄積していく必要があります。
SEOの取り組み方や考え方については、「SEO (検索エンジン最適化)とは?必要な知識のすべて」をご参照ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部