LPごとの検索キーワード順位と集客分析 検索アナリティクス・Googleアナリティクス使い方


ランディングページとは、ウェブサイトへの訪問者がセッションの一番最初に閲覧する(閲覧開始する)ページを意味します。ここではGoogleアナリティクスを使って閲覧開始ページの検索キーワードを確認する方法を解説致します。


ページごとに異なるトピックで質の高いコンテンツを作成していく方法をロングテールSEOと言います。
正しい方法で行うと、各ページ異なる検索クエリで集客されるようになります。
SEOの効果を確認する場合は、ランディング(閲覧開始)ページごとのオーガニック検索キーワードのセッション数や順位、クリック数を確認しておきましょう。


オーガニック検索トラフィックのセッション数を確認する場合はGoogle アナリティクスを使います。一方で、Googleの検索結果上の表示回数やクリック数、順位など細かく確認するにはSearch Consoleの「検索アナリティクス」を活用します。Search ConsoleとGoogleアナリティクスを連携しておく事で、Googleアナリティクス上からでもSearch Consoleのデータを見る事ができるようになっています。詳しくは本ページの最後で解説します。


ウェブサイト全体のオーガニック検索セッションを確認する場合は、「Googleアナリティクスでオーガニック検索キーワードを調べる」をご確認ください。




アナリティクスでランディングページごとのセッション数を表示

Googleアナリティクスにログインし、左メニューの「集客」をクリックし、「キャンペーン」の「オーガニック検索キーワード」をクリックします。

gaランディングページ

画面中段の「ランディングページ」の文字をクリックし、画面右下の「表示する行数」の件数を任意に指定します。


lpキーワード

確認したいページをクリックしてセッション数、新規ユーザー、直帰率、平均セッション時間などを確認します。
アナリティクス上で計測できている検索キーワードを確認するには、画面中段の「その他」をクリックし、「集客」の「キーワード」をクリックします。


ページ別オーガニックキーワード

オーガニック検索からのトラフィックが多いページの場合は、一定数「not provided」の件数が占めていると思います。

not providedについての意味と、not providedのキーワードも確認する場合は「検索キーワードに表示されるnot providedとは?Googleアナリティクス」をご参照ください。


ページごとで集客されているGoogle経由のオーガニック検索キーワードについて正確なデータを調べるには、Search Consoleの「検索アナリティクス」を活用します。




Search Consoleの「検索アナリティクス」で検索結果上のクリック数、表示回数、掲載順位を調べる

Googleアナリティクスではかなりの割合で「not provided」と表示される為、検索キーワードごとのセッション数を調べる事ができません。その為、Search Consoleの「検索アナリティクス」を活用して検索キーワードごとのクリック数を確認します。


セッション数とクリック数は定義が異なる

Googleアナリティクスで取得するセッション数は、ウェブサイトに到達したセッションをカウントしますが、Search Consoleのクリック数は、Googleの検索結果ページで表示されるページのクリック数をカウントします。カウントの仕方は異なりますが、ここではセッション数の代わりにクリック数で効果を見ていきます。


  • Search Consoleの画面左メニューの「検索パフォーマンス」をクリックします。
    検索パフォーマンス
  • 「クリック数」、「表示回数」、「掲載順位」など任意にチェックを付け、「ページ」を選択します。
    クリック数・CTR・順位・pv選択
  • 調べたいページのURLの場所をクリックし、「クエリ」を選択します。
    クエリを選択
  • 画面中段の「データをエクスポート」ボタンから、データを取得して成果を確認します。
    クエリデータのエクスポート

※CSVのリストをEXCELでそのまま開くと文字化けします。文字コードが原因ですので、テキストエディタでCSVを開いて「Shift-JIS」に変換した上でEXCELで編集します。




Googleアナリティクス上で検索パフォーマンスのデータを確認

今まではセッション数直帰率CVトランザクションの数値はGoogleアナリティクスで、表示回数クリック数平均掲載順位Search Consoleで別々に見るしかありませんでしたが、2016年6月以降はSearch ConsoleとGoogleアナリティクスを連携しておく事で、一つの表で見る事ができるようになっています。


アナリティクスとSearch Console連携でランディングページを分析

上記画面を表示させるには、アナリティクスの左メニュー内の「集客」をクリックし、「Search Console」をクリックし、「ランディングページ」をクリックします。


CTRは高くても直帰率やページ/セッションが想定より悪い場合などは、検索クエリにマッチしたコンテンツに改善していく、役に立つページへのリンクによる導線改善を行うといった具合にデータが見やすい分素早く改善につなげることができます。




当ブログで行っている既存コンテンツ強化方法

当ブログでは上記の手順でダウンロードしたCSVのキーワードリストとSEOツールを活用して、既存ページのコンテンツ強化、内部SEOを行っています。


SEOツールのSE Rankingでキーワードリストを登録

SE Rankingは、順位計測、被リンクチェック、競合サイト比較、内部対策、レポート機能を搭載している企業向けのSEOツールです。順位計測を行うキーワードは手動でも追加できますが、Search Consoleとの連携機能も搭載されていますので、簡単な操作でキーワードのデータをインポートする事ができます。
※2週間無料で利用できます


検索順位詳細-seranking 検索順位詳細-seranking

search console 連携 search console 連携

施策の成果を測る為にこのツール上でキーワードリストを精査して登録します。


キーワードを効率的に管理してSEOに活用する

SE Rankingは企業向けのSEO管理ツールです。
SE Rankingではコンテンツの順位を計測し、グループ管理でわかりやすく表示します。コンテンツ強化の優先順位を付け、現状把握と効果測定を行うには最適なツールです。



  • キーワードのグループ化を行います。
    当ブログでは、コンテンツに対応するキーワードをグループ化しています。ツール上で登録した検索キーワードのボリュームも確認できます。
    キーワードのグループ管理-seranking キーワードのグループ管理-seranking
    キーワードグループ化機能 seranking キーワードグループ化機能 seranking

  • 既存コンテンツ内にキーワードにマッチするトピックがなければ既存コンテンツの中から関連しそうなコンテンツをチョイスして追記するか、キーワードと関連しそうなコンテンツが全くなければ新しいページでコンテンツを作成します。
    出来るだけ詳しく丁寧に追記・補足を行うと効果的です。

  • タイトルタグに含まれていない単語があれば、それらを活用してキーワードリッチなタイトル文を考えます。
    ※ただし単語の詰め込みや、不自然なタイトル文はSEOでも訪問者向けにも逆効果となる為、含めたいキーワードのうち優先度が低いものは無理して含めないようにしましょう。
    SEOで適切なページタイトルタグの付け方」で詳しく解説しています。

  • CMS等を利用していれば、更新日をアップデートし、RSSフィード、XMLサイトマップを更新してGoogleに通知します。
    詳しくは、「Search Consoleの設定とXMLサイトマップの登録・送信方法」をご参照ください。

上記は既存コンテンツを強化するSEO施策のうちの一つです。
そもそも一切トラフィックの無いページであれば、別の方法を考える必要があります。




注力しているページでオーガニック検索からの集客が少ない場合

注力している商品やサービスのページに関して、オーガニック検索からの集客が少ない場合は、いくつか原因が考えられます。
1つはコンテンツに厚みが無く、検索エンジンから見て質が低いと認識されてしまっている場合があります。
もう一つは各種タグやレイアウト等の内部SEO要素の最適化が行われていない場合です。


コンテンツに厚みが無い場合

SEOを行うキーワード以外にも、ページ内の文章の単語が豊富な場合、色々な言葉の組み合わせで検索されて集客アップする事があります。
本文内には、バリエーション豊富な単語を使って訪問者にとって読みやすく、詳しい文章を書く事をおすすめします。
関連キーワードを参考にしたり、他のウェブサイトには無いトピックでコンテンツを強化すると良いでしょう。


コンテンツは良くても検索エンジン向けに最適化されていない

コンテンツは良くてもタイトルタグやページのレイアウト、見出しなどが検索エンジンにとってわかりにくい作りの場合は少し損をしているかもしれません。
この場合は、検索ユーザーが検索しそうなキーワードを意識して、内部SEOを行っておくと順位や集客に良い影響が出てくるかもしれません。




SEOを行う際に重要なキーワード選定

マーケティング戦略の1つとしてSEOを行う際には、キーワード選定はとても重要な意味を持ちます。
一般的には、検索ボリュームが比較的多いキーワードを選定し、そのキーワードにふさわしいトピックを含めたコンテンツを作成します。


ページごとのコンテンツを強化することで、以下のようにオーガニック検索のトラフィックを向上させる事ができます。
※当ブログのオーガニック検索セッションの推移です。


オーガニックセッション

SEOにおけるキーワード選定の方法については、「SEOキーワード選定のコツと1ページで意識するキーワード数」で解説しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部