リスティング広告を行えば検索順位が上がる?


Adwordsなどの広告を行っていると検索順位が上がるか?に関してはいまだに質問される事があります。答えは「ノー」です。GoogleのMatt Cutts氏がこの件に関して回答しています。





Adwordsは検索順位に影響はない

Googleは、検索エンジンの品質を保ち、公平に行う必要があるとしています。例えばAdwords利用者、パートナー、クライアント、カスタマーであっても、特別優遇する事はないとの事です。


リスティング広告と検索順位は最も多く質問される都市伝説

「広告を買えば、Googleのランクが高くなる」というものがあります。
また逆に、「広告を買わない方が、Googleのランクが高くなる」といった説もあります。
これらの都市伝説に対してはGoogleは以下のように回答しています。





Googleの考えるメンタルモデルで説明します。
検索結果において何を、そしてなぜ行っているかを理解してもらう必要があります。
私たちは、ユーザーに対して良い検索結果を返したいと考え、そうする事でユーザーは満足し、再び繰り返し戻って来るでしょう。これが基本的なメンタルモデルです。


満足したユーザーは、ロイヤルユーザーですよね?


一つの検索に対して良い経験をユーザーに与えることで、情報が必要とされる次の機会にGoogleを使うと考えるでしょう。
そしてその経過で誰かが広告をクリックすれば、それはそれで良いですが、私たちは広告を購入してもらう為にアルゴリズム修正を行っているわけではありません。
広告を買っても、どちらにしてもアルゴリズム的にあなたの順位の手助けになる事もありませんし、順位を落とす事にもなりません。


これらは最も頻繁に見ていて、何度も何度も繰り返されているSEO都市伝説です。
Googleが行っているメンタルモデル(私たちはユーザーに対して良い検索結果を返すよう取り組んでいます。)であなたも取り組むのであれば、それらのゴールとあなた自身を一直線に結びつける為の手助けになります。
もしそうであれば、あなたが作成した高品質のページを検索結果で返すでしょう。
もしそうでなければ、例えば一時的にしか通用しない施策、ブラックハット、スパム行為を行うのであれば、アルゴリズムに対して反対の施策を行っている事になり、通常のユーザーが望むものとは逆の事を行っている事になります。知識のあるユーザーが見かけた場合、彼らは怒りを覚えるでしょう。




広告自体はSEOにおいてメリットもデメリットもありません。
Adwordsに関しては個人的には、SEOとうまく組み合わせる事が効率的だと考えています。


例えばSEOでは時間がかかるキーワードに関してリスティングで先に効果を見たり、リスティングで効果があるキーワードに対してよりSEOに注力するなどで、より効率的にウェブマーケティングを展開する事ができます。
Adwordsを利用する事で、確かに直接的に順位が上がったりといった影響はありませんが、かといって全くメリットが無いわけでありません。


リスティング広告は購買意欲の高いキーワード(顕在ニーズ)で実施し、SEOは潜在的なニーズを持つキーワードのユーザーを呼び込んで、ご自身の商品やサービスを知ってもらう為に活用すると効果的です。


SEOツールのSE Rankingは、検索順位の推移を表示したり、外部サイトからの被リンクをチェックしたり、ページ無制限で内部最適化を行える機能が揃っています。
2週間の無料体験版が公開されているので、SEOをスマートに効率的に行いたい方にはおすすめです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部