paidとorganic searchとは?


Googleアナリティクスでは、リスティングからのアクセスか、検索結果の広告以外からのアクセスかを確認する事ができます。Googleアナリティクスの左メニュー内の「集客」をクリックし、「すべてのトラフィック」の「チャネル」をクリックすると以下のように表示されます。


organic-paid



organicとpaidの違い

organicとpaidの違いは、organicは費用のかからない自然検索からの訪問の事を指します。向上させるにはSEOを行います。
一方でpaidはキーワードのクリック単位で費用が発生するリスティング広告(PPC広告)からの訪問を指します。
SEOを行った効果を調べるにはorganicのトラフィックを見ます。
AdwordsなどのPPC広告の効果を見るにはpaidでチェックします。


左メニューの「集客」-「キャンペーン」-「オーガニック検索キーワード」をクリックすると自然検索のみの推移が表示され、「検索広告キーワード」をクリックするとリスティング広告からの訪問推移が表示されます。
SEOを行う際に頻繁に見るオーガニック検索集客については、「Googleアナリティクスでオーガニック検索キーワードを調べる」で解説しています。




SEOとリスティングの活用方法

リスティングとSEOは同じセグメントされたターゲットに対してアプローチする事もありますが、基本的にはそれぞれアプローチするターゲットの規模や、購買までの段階が異なります。
個人的な見解ですが、以下のように考えています。


商品名やブランド名の施策

商品名やブランド名で検索する訪問者の場合は、既にその存在を知っている為、購買意欲が高いターゲットである可能性が高いと言えます。
この場合はリスティング(クリック単価によりますが)もSEOも意識して並行していった方が良いでしょう。
検索結果で1位だとしても、競合がリスティング広告を魅力的な文言で出稿している場合はターゲットを奪われてしまうかもしれません。


汎用ワード – 情報系のクエリ

検索ユーザーが何かを調べる際のクエリの場合は、リスティング広告向きではありません。
訪問者も購買目的で検索しているわけではありませんので、リスティングでクリックされたとしても収益化までに時間がかかり、費用対効果が見合わないケースが多いキーワードです。
ただし検索結果で上位表示されて、検索ユーザーが調べたい事を解決できるようなコンテンツであれば、社名や商品名、ブランド名も覚えてもらえる事があり、役に立った場合はウェブサイトとしての信用を得られるかもしれません。
そのコンテンツを通して商品の存在を知ってもらい、購買に結びつけるという事が重要です。


汎用ワードでも、複合キーワードになってきた場合は若干購買意欲の高い層になるかもしれません。
汎用ワードに加えて「サービス」、「地名」、「価格」、「比較」、「評判」といった言葉が続く場合は購入の意識が高い可能性がありますので、リスティングの場合は費用対効果を見ながら運用し、自然検索では該当するページやコンテンツを作ってSEOを行いましょう。




リスティングやSEOをツールで効率よく運用する

リスティング自動化ツール

リスティングの場合は、コンバージョンをきちんと設定しておく事で、キーワード、LP、広告文を最適化する事で効率よく運用していくことができます。
キーワードや広告文の作成やA/BテストなどをAI(人工知能)で自動化するリスティングオートフライトは、試して見たいツールの一つです。


SEOツール

SEOの場合は、コンテンツの自動生成が効率的と思ってしまいがちですが、これはGoogleのガイドラインに違反しますのでペナルティを与えられる可能性があります。


SEOは質の高いコンテンツが重要となる為、コンテンツ制作には時間をかけ、その効果測定や、レポート作成作業を効率化した方が良いでしょう。
例えば検索順位、トラフィック、競合との順位比較、被リンクチェックなどを自動化する事ができます。
SEOツールのSE Rankingでは、施策の抽出と結果の測定、レポート化などを自動化する事で効率よくSEOを実施する事ができます。


順位概要 - seranking 順位概要 – seranking


このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部