米国で商品レビュー アップデートを実施 – Product Review Update

商品レビューアップデート

2021年4月8日にGoogleは、商品レビューに関するランキングシステムを改善(商品レビューに関するアップデート)を英語圏で実施したとアナウンスしています。

Google Developers
Google の商品レビューに関するアップデートについてクリエイターが知っておくべきこと  |  Google 検索セ...
Google の商品レビューに関するアップデートについてクリエイターが知っておくべきこと  |  Google 検索セ...
目次

商品レビュー アップデートとは?

商品レビュー アップデートとは、商品レビューを行うコンテンツに関して、多数の商品をまとめただけの質の低いコンテンツよりも、詳細な調査結果を示しているコンテンツをより評価するように設計されたランキングシステムの改善を意味します。単純に商品点数が多ければ良いというわけではなく、今後はレビューの質も重要視されていくことになります。

商品レビュー アップデートの影響範囲

英語圏全体で実施。Google検索だけでなく、Google Discoverの結果にも影響します。今後対象範囲は、日本語など他の言語や国に拡大していくものと予測されます。

商品レビューアップデートで対象となるコンテンツ

商品レビューアップデートは、商品レビューを行うECサイトよりもアフィリエイトコンテンツを対象にしている為、レビューサイトやアフィリエイトのレビューコンテンツに対する影響は大きいようです。

特定の一つの商品のレビューと複数商品をまとめたレビューのどちらも今回の商品レビュー アップデートの対象となります。

また、商品のレビューの他、サービスのレビューについても影響があるかもしれません。

商品レビューアップデートの期間と頻度

更新を開始してから完全に反映されるまでに英語圏では2週間ほどかかるようです。

また、更新は定期的に行われるが、すべてをアナウンスする事は無いようですので、このまま日本語圏でもアップデートを拡大した場合にアナウンスされるかどうかは不明です。

評価されるレビュー作成者

専門家により提供される詳しいレビューは評価される一方、不特定のユーザーが作成するUGC(ユーザー生成コンテンツ)の場合はコントロールが難しい為、高い評価を得る事は難しいようです。

商品レビューのSEOで重要なポイント

商品レビューを行う際に、Googleから発表されているガイダンスは以下の通りです。

  • 必要に応じて、商品に関する専門知識を伝えているか。
  • メーカーが提供する情報以外の独自のコンテンツで、商品の見た目や使い方を紹介しているか。
  • 商品に求められる各種の性能がどの程度達成されているかについて、定量的測定を提供しているか。
  • 競合商品との差別化要因について説明しているか。
  • 比較対象となる商品を示しているか。または、特定の用途や状況にどの商品が最適か説明しているか。
  • 調査に基づいて、特定の商品のメリットやデメリットについて述べているか。
  • 以前のモデルやリリースから商品がどのように改善され、問題点が解消されたかなど、ユーザーの購入決定に役立つ情報を提供しているか。
  • 商品が属するカテゴリの主な意思決定要因と、その分野での当該商品の性能を明らかにしているか。たとえば、自動車のレビューでは、燃費、安全性、運転のしやすさが主な意思決定要因であると判断し、そうした分野での性能を評価します。
  • メーカーからの情報以外に、商品の設計と、それがユーザーに与える影響に基づいて、重要な選択肢を示しているか。

一般的に考えると、レビューコンテンツは検索ユーザーが商品を購入する前に参考とします。
つまり、検索ユーザーの商品選定の為に役に立つ判断基準を提供するというスタンスが重要となります。
検索順位の事だけ考えると、検索ユーザーの役に立つコンテンツは作れません。

個人的には以下のように解釈しています。

  • 読み手がわかるような構成と用語説明
  • 実際にテストした際の手順(番号付き箇条書き)と写真の掲載など
  • 機能(用途)のカテゴライズと比較基準の作成
  • 比較対象の商品のリスト掲載と、比較基準に基づく比較表の作成
  • 競合との長所(差別化要因)を説明文等で作成
  • 長所だけでなく短所にも言及
  • 該当商品の品質維持・改善状況を記載する
  • その他専門家として独自の観点で商品選定に関する有益な情報を提供する
お役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

SE RankingのサイトSEO検査ツール

全てのページを高速かつ低負荷で巡回
問題点を抽出し、重要度を3段階に分類してレポート
定期的に自動で検査を実施

この記事を書いた人

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。
著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)

コメント

コメントする

目次
閉じる