コンテンツの文字数は重要?

2016年7月14日

文字数・テキストコンテンツの量といっても、本文の文章量、ページのタイトル、ディスクリプション、altタグ、見出しなど様々な要素があります。


Googleはコンテンツの質を重要視していますので、質の高いコンテンツを制作していく事で様々なキーワードで上位表示の可能性は高まります。
また、訪問者にとって役立つコンテンツであれば参照リンクやブックマーク、シェアされるようになる為、より多くのトラフィックを獲得できるようになるでしょう。




SEOと文字数の関連性 長文が良い?

検索順位と文字数には明確な基準はありません。
検索エンジンは検索ユーザーの求める情報にマッチする最も関連の高いコンテンツを表示しています。その為、検索ユーザーの意図に対して最も詳しく、わかりやすく説明できているコンテンツや、便利なコンテンツが上位表示されます。


多くの競合サイトが同じようなコンテンツを作っていれば、より詳しく、わかりやすく、便利なコンテンツを作成しなければなりません。情報の鮮度が高く、正確な情報で、詳しく、わかりやすいコンテンツを作っていくとなるとそれなりの文字数が必要となってくるでしょう。


特に、競合の多い専門情報のトピックでは、長文のコンテンツが検索上位にヒットしているケースが増えてきているように感じます。

一方で競合が少なければ、稀に数行のコンテンツでも上位表示される事はあります。
検索順位はあくまで競合サイトのコンテンツの質と比較した相対的な評価となるという事を認識しておきましょう。


Googleは濃いコンテンツを好む

Googleはコンテンツの専門性の高さや、コピーコンテンツ、内容の薄いコンテンツを見分ける『パンダ』アルゴリズムで多くのサイトの評価を行い、順位決定の一つの要素としています。
検索エンジンからの評価を意識するのであれば、内容の薄いコンテンツ、文字数の少ないコンテンツを作るのではなく、なるべく内容の濃いコンテンツにしていく事が重要です。




内容の濃いコンテンツとは?

コンテンツの濃さは文字数だけで測る事はできません。
検索エンジンは検索ユーザーのタイプするキーワードの意図を汲み取りマッチするコンテンツで関連性の高いもの、信頼性の高いものをアルゴリズムで評価し上位に表示させます。
コンテンツが薄いというのは、誰でも知っている情報や、検索クエリに対する回答となるコンテンツがあまりないウェブページが該当します。


SEOを意識して一般論的な用語集のページを作っているウェブサイトを良く見かけますが、誰でも知っている情報であったり、似たようなコンテンツを持つウェブサイトが多くあるなら検索エンジンからはほとんど評価されないでしょう。


以下のようなポイントを抑えてコンテンツを制作していくと良いでしょう。

  • 専門性の高いトピック
  • オリジナルのコンテンツ
  • 正しい文法
  • 検索ユーザーが欲しい情報
  • 訪問者の満足度が高い

詳しくは、「Googleのアルゴリズムの解釈 SEOに影響するコンテンツの質とは?」で解説しています。


内容の濃いコンテンツの作り方

以下の方法はコンテンツ作成の一例です。このような考え方でコンテンツを作ると、訪問者にとって有益な情報になっていきます。
物事を説明する際には、ページ内を複数のトピックに分け章立てを行います。トピックの冒頭には訪問者にわかりやすく見出し(Hタグ)を活用し、その下にパラグラフ、画像、参照リンクなどを活用してトピックを説明します。


  • 上位表示させたいキーワードでカバーすべきトピックを箇条書きにします。
    キーワードにはユーザーの意図が隠れています。その意図を汲み取り、複数のトピックでわかりやすく解説しましょう。
    ※例えばこのページであれば、「SEOと文字数の関連性」、「内容の濃いコンテンツの意味」、「複合キーワードとビッグワードの解説」、「専門性とわかりやすさのどちらを意識すべきか」、「コンテンツのレイアウト注意点」などのトピックで構成されています。

  • 次に上位表示させたいキーワードをGoogleで検索します。

  • 上位10ページで扱われている内容に目を通し、自身のコンテンツに含まれていないトピックと説明を箇条書きに加えます。(情報の幅の強化)

  • 自身の専門的な知見を活かしたオリジナルのトピックを箇条書きに加えます。(オリジナリティの強化)

  • 最後に箇条書きにしたものを見て、最新の情報を盛り込み、自分の言葉で説明したコンテンツを作り、訪問者の目線で見やすくする為に見出しをつけたり、画像を配置したりしましょう。

競合サイトと比較しつつも、訪問者が望むコンテンツかどうかを常に意識してページを作成しましょう。




複合キーワードとビッグワード

上記の手順でコンテンツを作ると、ビッグワードを意識すれば必然的に多くの文字数でコンテンツを作成しなければなりません。逆に複合キーワードであれば、それ程多くの文章量は必要ないでしょう。

・ビッグワード

ビッグワードは、「ビール」や、「税理士」、「SEO」、「整体」など単一の汎用ワードが該当します。Googleはこれら単一のワードで検索された際に、検索ユーザーが何を望んでいるかわからない為、情報量が多いコンテンツや、その検索クエリに関連する多様な検索結果を返します。


花で検索すると、花の意味、花の図鑑、花の画像、花のギフト販売、フラワーパークなど多様な結果が表示されます。


ビッグワードは上位表示されると爆発的な集客が見込めますが、競合サイトも同じ事を考えています。
上位表示されるにはコンテンツを作成する為のその業種の専門的な知識SEOの知識どちらも必要な為、難易度も非常に高いキーワードです。
※「ビッグワードとは?


これからSEOを行う場合は、まずはロングテールキーワードでコツコツとページを増やし、質の高いコンテンツが増えて専門性が明確化した後に、ミドルワード、ビッグワードの順でチャンレンジすると良いでしょう。


・複合キーワード(ミドルワード)

2ワード程の汎用ミドルワードとなると、大分敷居が低くなります。「花 名前」、「花 図鑑」、「花 ギフト」などはより具体的な意図を持つ絞り込まれた汎用ワードとなります。
これらのキーワードで上位にランクされているページを確認すると、かなりのコンテンツ量がある事がわかります。
長期的な取り組みでミドルワードを攻略していきましょう。


・複合キーワード(ロングテールキーワード)

ロングテールキーワードは、「花 ギフト 安い」、「花 贈る マナー」、「花 贈る (地域名)」などは、更に検索ユーザー意図が明確になります。
キーワードが絞り込まれていくと、そのキーワードを意識してコンテンツを作成する競合サイトもビッグワードよりは少なくなっていきます。その為、上位表示への難易度は下がっていきます。




コンテンツ作成時は、専門性とわかりやすさのどちらを重視?

ウェブに限った話ではなく、何にでもあてはまると思いますがコンテンツを書く際には訪問者の目線で考える事が重要です。ターゲットが知識のある層のみであれば、専門的な用語だけでも成り立ちますが、ウェブの場合は一般的な人々の目にもとまります。


Googleは独自の研究や報告、分析など、ユーザーにとって重要な情報を提供しているサイトの掲載順位はより適切に評価されると発言していますが、専門的な用語ばかりの専門サイトと、一般的にわかりやすく説明したサイトでは、順位に影響があるのでしょうか?


コンテンツのわかりやすさは重要

以下の質問に対してMatt Cutt氏が回答しています。


コンテンツライティングの際には、読みやすさ専門性のどちらが重要か?
専門家ではない人間に向けて書いたコンテンツの方が順位が高くなるか?



コンテンツの分かりやすさはとても重要です。


リチャードファインマンに関する書籍を読むと、彼に「なぜスピン1/2粒子はフェルミディラック統計に従うのか?」と質問した人がいたそうです。
彼はそれに対して適切なレクチャーを用意したが、数日後に「フレッシュマン向けに説明を省略する事が出来ない。つまり理解していないという事だ。」と言ったそうです。


Feynman was once asked by a Caltech faculty member to explain why spin 1/2 particles obey Fermi-Dirac statistics. He gauged his audience perfectly and said “I’ll prepare a freshman lecture on it.” But a few days later he returned and said, “You know, I couldn’t do it. I couldn’t reduce it to the freshman level. That means we really don’t understand it.”


本では「物事を理解するのに最も良い方法は教える事です。もし教える事ができなければ上手に説明する事ができず、本当には理解していない。」と言っています。


ウィキペディアで、トピックで扱われている情報のソースなどはとても専門的ですが、それら全てが理解できない物ばかりではありません。
あなたがコンテンツを作る際は、わかりやすく、理解できるといった視点に立つとコンテンツ自体がとても良くなります。
一般的な人々が理解でき、もちろん物理的な用語や専門業種的な用語、隠語も含める事ができます。
もしあなたのページが専門用語だらけだった場合、何らかの更に興味を惹くような方法が必要です。
まず始めに十分な説明を含めるという事が重要で、その後に専門的な説明を加えていく事が出来れば良いでしょう。


もし専門的な分野の人だけに伝えたい場合は、例えば害虫駆除の分野で昆虫の名称をトピックで扱っている場合、訪問者が害虫駆除専門業者だけならば、それはそれで意味があります。
ただ一般的なケースでは、私なら出来る限りナチュラルにわかりやすくします。
私がブログを書く際は、程度にあわせて大きな声で読み上げて見たり、不明瞭でおかしな部分がないかを探します。
このような事をする事で文章が洗練されていきます。


ランキングに関してはそれ程大きな違いはありませんが、専門的な用語よりも訪問者がタイプするであろう一般的な言葉を考えます。
もちろん両方を含めるといった方法を探す事もできますが、私ならわかりやすく聞く側に立って考えるでしょう。




出来る限り訪問者の目線にたって、わかりやすく説明するという事は非常に重要だと実感しています。当初このブログを立ち上げた頃は、このような意識がなく、知識も浅はかな為、今読むと支離滅裂なものが多かった気がします。
ある程度まで時間が経過すると知識もそれなりについていきます。そのタイミングでこのブログも出来る限り説明を足したり、文章を修正していきました。
結果的にリピート訪問(読者)も増え、Googleからの検索集客も増えました。


推測ですが、わかりやすくコンテンツを書き、詳細に説明することで訪問者の満足度が上がり、リピート訪問が増えるという事が一点と、詳しくコンテンツを書く事により検索エンジンの評価も上がった事の二点が訪問者が増えた要因ではないかと考えています。




コンテンツのレイアウト 注意点

文章に改行がなく、小さな文字ばかりのページは訪問者にとって見づらいページとなり、文字数がいくら多くても最後まで見てもらえずに途中でブラウザを閉じたり、前のページへ戻ってしまったりします。
読みにくいページは、その後の記事をシェアしたり、被リンクされたりといった訪問者のアクションにつながりません。


シェアや被リンクはGoogleがそのコンテンツの信頼度を測る指標となり、検索順位にも影響します。


以下に、コンテンツを作成する際の注意点を簡単にまとめます。

見やすいテキストと背景色

訪問者に見やすい背景と文字の色に調整。白地に黒は見やすいと感じます。


見やすいフォント

ウェブで使用できるフォントは限られていますが、ウェブサイト全体のデザインとなるべくマッチするフォントが良いでしょう。


全体で使用する色

色を多く使いすぎると見づらいウェブページになります。
使用する色は統一させたりし、重要な部分で目立つ色を使用する程度が良いでしょう。


見出しを使う

文章を構成する際に見出しの役割は重要です。
HTML上で記述するHタグを上手に使いましょう。


改行をうまく使う

改行をうまく使用すると文章は読みやすくなります。
また、文章を3行程の間隔で一行分のスペースをあけたりしながら工夫して読みやすいページにしていきましょう。


適度な画像配置

文章だけで説明しにくい部分は画像を使用して補足しましょう。
検索エンジンは画像の中身までは認識できませんが、人間は画像から多くの情報を読み取れます。




Googleはコンテンツを理解できるようになってきた

過去のSEOでは、タイトルタグにキーワードを含めたり、キーワードの含有率を調整するだけで、比較的簡単に上位表示される事もありました。
現在のGoogleはコンテンツを理解できるくらいに改良されていますので、先ほどの手法で大きく順位が変動することはなくなりました。


その為、SEOを行うのであれば、検索ユーザーのタイプするキーワードの意図を理解し(Googleも理解しようとしています)、その回答となる役に立つコンテンツを作成する事が重要です。


個人的な見解ですが、検索エンジンの順位はそのままページコンテンツの質の高さを表していると考えてもそれ程間違いではないのではないかと感じています。
SEOをこれから本格的に行われる方は、訪問者にとって役立つ情報とは何か?という視点でコンテンツを作成されると良いと思います。
SEOの知識や基本的な考え方については、「SEO (検索エンジン最適化)とは?必要な知識のすべて」が参考になるかもしれません。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介
野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表

SEOツールのプロジェクト担当者でもあり、自社のSEO担当でもあります。
SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。

follow us in feedly





▲ ページトップ ▲
自動XMLサイトマップ管理ツールトライアル版配布中