サイト全体のテーマと専門性


Googleはランキングを決める際には、ページ単位の情報だけでなく、ウェブサイト全体も評価の対象に含めている場合があります。
GoogleのJohn Mueller氏は以下のように発言しています。



検索結果に適切に表示する為にほとんどの場合は、コンテンツとそのページの文脈を見て理解しようとする。
だけれどもウェブサイト全体を見る場合もあります。


例えばあなたが新しいページをウェブサイトに追加した場合、私達が以前に見た事がなければそのコンテンツや文脈の意味を理解できません。
その場合は、どんな種類のウェブサイトなのかを理解する事は、その新規ページを検索結果のどの場所からスタートさせるべきかを理解するより良い手助けになる。
ランキングに関しては、ページ単位とサイト全体を考慮に入れている。


サイト全体のテーマ性とは

ウェブマスター向け公式ブログでも発表がありましたが、Googleは度重なるアルゴリズムの改良により、専門性の高い、ユーザーメリットのある高品質なサイトを評価します。



Googleのパンダ・アルゴリズムでは、コンテンツの質を見極め、専門性のある質の高いコンテンツを評価し、数行のコンテンツやコピーコンテンツ、内容の薄いコンテンツは低く評価されるようになります。
サイト上で取り扱うテーマが統一されていて、専門性の高いコンテンツを提供しているウェブサイトは上位表示されやすくなります。




サイトの目的に合わせてテーマを絞る

サイトを作成する際には、トピックに関連したページ群で構成します。
例えば「税理士」のサイトであれば、確定申告や節税などがトピックとして含まれるでしょう。
当サイトの場合はSEOに関する記事ですので、当然テーマはSEOとなります。




テーマはビッグワードを意識する

ビッグワードで上位表示させる事が目的ではありませんが、上記の例で上げると「税理士 確定申告」、「税理士 節税」などの複合キーワードが思い浮かびます。
この場合「税理士」というテーマが軸にある事がわかるかと思います。


同様に当サイトはSEOに関してのテーマですので、「内部SEO」、「ロングテール SEO」など「SEO」を軸にしたテーマでページのコンテンツを作っています。




ページ単位では、ニッチなキーワードで役に立つコンテンツを作成していく

ウェブサイトのテーマはビッグワードを意識する一方、コンテンツ自体はページ単位でニッチなトピックに絞って質の高いコンテンツを作成していきます。
はじめからビッグワードで上位表示を狙うというのは難しいので、ニッチキーワードで確実に集客を増やします。
ニッチな分野での専門家になっていく事が出来たら幅を広げてより広い範囲のトピックで質の高いコンテンツを作成していきましょう。




テーマを統一するメリット

テーマを統一してサイトを運営するメリットは上位表示されやすい事が挙げられます。
その他には訪問したユーザーがウェブサイト内を回遊しやすくなり、品質の高いコンテンツであれば回遊した時間に比例してサイトへの信頼性が高まるという事も挙げられます。


テーマを統一してコンテンツを増やすには、運営者にもそのテーマの専門知識が必要となり、若干抵抗があるかもしれませんが、このような意識でサイトを運営していく事で自然と物事を調べたり、情報収集のアンテナが磨かれていきます。


ウェブサイトは営業時の提案書の役割もあれば、顧客向けのマニュアルやトラブル解決の役割もありますので、テーマ性を意識して専門的な知識を身につけつつ、専門的なサイトへ成長させましょう。




サイトのテーマを確認する方法

Search Console(旧ウェブマスターツール)では、サイト内に頻繁に含まれる重要なキーワードを確認する事ができます。
サイトのテーマを確認する目安になるかもしれません。


サイト全体に含まれるコンテンツキーワードをSearch Consoleでチェック

Search Consoleにログインし、左メニューの「Google インデックス」をクリックし、「コンテンツキーワード」をクリックします。


コンテンツキーワード

キーワードごとに詳細を確認

キーワードの箇所をクリックすると、キーワードごとに出現回数や、上位のURL順に確認する事ができます。

コンテンツキーワード詳細

出現回数について

出現回数が最も多いキーワードは、そのサイトのテーマを表すものとなります。サイトのテーマは明確にする事で専門サイトとして認識されやすくなりますので、参考にしながらコンテンツを追加していきましょう。




Googleのアルゴリズムで解釈するコンテンツの質とは?

質の高いコンテンツという表現は人によって解釈が異なるかもしれません。
いくつかのアナウンスをもとにして「Googleのアルゴリズムで解釈するコンテンツの質とは?」で解説しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部