Rank Reporter

フォーム・パスワード設定

ログインフォームを利用して閲覧できるコンテンツや、パスワード保護されたウェブサイトの場合、Sitemap Creatorでは「フォーム・パスワード設定」を使用したアクセス設定を行う事ができます。「フォーム・パスワード」画面を開くには、メインメニューバーの「プロジェクト」をクリックし、「パスワード&フォーム」をクリックします。


「フォーム・パスワード」画面では、Sitemap Creatorでウェブサイトをログインしてクロールさせる際のルールを作成する事ができます。


ログインページがある場合には、そのページにクローラーがたどり着くと、予め設定したデータ(ログインID、パスワード)をサーバーに送ります。


フォーム&パスワード設定

「メソッド」の項目は、Sitemap Creatorがサーバーにデータを送信する際のメソッドを選択します。ウェブサイトにログイン情報を送信するは、POSTとHTTPの2種類のメソッドを選択できます。


POST

ウェブサイトにログインする際に使用される最も一般的なメソッドです。
IDやパスワード等をフォームに入力してログインする場合は、このメソッドを使用します。


ログイン情報を設定するには、アクションの「フォームウィザード」をクリックし、「ログインデータウィザード」画面を開き、この画面上で実際にウェブサイトにログインを行います。
ログインフォーム上でログインが完了すると、Sitemap Creatorはフォームデータをキャプチャするかどうかを確認するダイアログが表示されます。


キャプチャ確認

「はい」をクリックすると、Sitemap Creatorは自動的にログインに必要な情報をキャプチャして保存します。


手動ログイン

Sitemap Creatorでログイン情報をキャプチャしない場合は、「手動ログイン」にチェックを付けます。このオプションは、認証の為にcookieを使用しているウェブサイト上でのみ動作します。(多くのウェブサイトは、認証の際にcookieも使用しています。)


「Go」ボタンをクリックし、ウェブサイトのクロールが開始されると、Sitemap Creatorはログインセッションをキャプチャする為に実行中に「手動ログインウィザード」を起動します。
ログインを行い、「手動ログインウィザード」画面を閉じると、セッションを保ったままクロールを続けます。


HTTP

サーバー(ウェブサイトというよりは、)による認証メソッドの場合に使用されます。
Internet ExplorerやFireFoxでウェブサイトにアクセスする際に、ユーザー名、パスワードを入力するようなポップアップログインウィンドウが起動する場合、ウェブサイトはこの認証メソッドを使用しています。
設定を行うには、ログインページの「相対URL」(ルートURLの場合は、”/”)を入力し、「ユーザー名」、「パスワード」を入力します。
「ページ追加」ボタンをクリックすると、設定が保存されます。


設定を削除するには、リストを選択し、「ページ削除」ボタンをクリックします。



その他SEO支援ツール


検索順位チェックツール
Rank Reporter

検索順位を毎日自動で取得できる!


内部SEO支援ツール

SEO Composer

ドメイン・ページ無制限で内部SEOチェック!




SEOツールはどう使う?

おすすめ無料・有料SEOツール