Rank Reporter

HTMLレポートテンプレート

Sitemap CreatorがHTMLサイトマップファイルを作成する為に必要なテンプレートをカスタマイズする事ができます。
テンプレートはシンプルなHTMLファイル内に、Sitemap Creatorが出力する特殊なタグを含める事ができます。
テンプレートのドキュメント構造は以下の通りです。


サイトマップコンテンツより上部のコンテンツ
サイトマップコンテンツ
 パスグループ (<isc_group>)
         アイテム <isc_item></isc_item>)
 パスグループ終了 (</isc_group>)


サイトマップ内に新しいURLパスが追加されると、新しいパスグループが作成されます。URLパスが深くなれば、パスグループも多くなります。パスグループは、シンプルな階層構造をHTMLサイトマップファイル内に記述します。


以下のURLを例にすると、

http://www.example.com/index.html http://www.example.com/products/list.html http://www.example.com/products/widget.html

"index.html"ファイルは、ベースとなるパスグループになり、"list.html"ファイルと、"widget.html"ファイルは、"Product"パスグループ内に記述されます。


アイテムは、個別のファイル、URLをレポート内に記述します。


シンプルなテンプレート例

<html>
<head>
 <title>Sitemap</title>
</head>
<body>
<h1>Basic HTML Sitemap</h1>
 <isc_group>
         #PATH#<BR>
         <isc_item><a href="#URL#">#TITLE#</a><br /></isc_item>
         <br /> <!-- Insert a blank line for spacing !-->
 </isc_group>
</body>
</html>

Sitemap Creatorで使用されるテンプレートをテキストエディタやHTMLエディタで開く事で、記述例を確認する事ができます。


正確に出力するには、全てのテンプレートに、<isc_group>、<isc_item>の開始タグ、終了タグを含める必要がります。


テンプレートファイルには、以下のマーカを埋め込むことができます。

#PATH# パスグループの現在のURLパス
(例: http://www.example.com/products/)
#URL# 現在のURL (アイテムで使用します。)
#TITLE# ページタイトル (HTMLから取得します。)
#DESCRIPTION# ページ内のメタディスクリプション
#LASTMODIFIED# ページの最終更新日
#FILENAME# ページのファイル名 (パスは含まれません。)
#PROJECT# プロジェクト名

HTMLレポートテンプレートは、インストール先のアプリケーションの「Templates」フォルダに配置されています。
初期設定では以下の場所で確認する事ができます。


C:\Program Files\Inspyder Software Inc\Sitemap Creator\Templates\

テンプレートは、様々な拡張子を設定でき、必要であれば他のスクリプト言語も含める事ができます。例えばアップロード後にサーバー上で動作させるPHPスクリプトを含んだPHPテンプレートを作成する事もできます。(ただし動作につきましてはサポート対象外となります。)



その他SEO支援ツール


検索順位チェックツール
Rank Reporter

検索順位を毎日自動で取得できる!


内部SEO支援ツール

SEO Composer

ドメイン・ページ無制限で内部SEOチェック!




SEOツールはどう使う?

おすすめ無料・有料SEOツール