Rank Reporter

Sitemap Creator スケジューラ機能

Sitemap Creatorは、ソフトを起動せずに自動的にクロール、サイトマップ生成、アップロード、Ping送信を行えるスケジューラ機能を持ちます。スケジューラ設定を行うには、「設定」メニューの「スケジューラ」をクリックします。


sitemap creatorスケジューラ

スケジューラ設定

タスクスケジュール上で、1つ以上のタスクを作成する事で、自動的にSitemap Creatorのスケジュールを実行する事ができます。タスクには、以下の設定を含みます。

  • クロール前にロードするプロジェクト
  • 次回実行するタスクの日付と時間
  • タスクを実行する頻度

ここで設定するタスクは、Windowsタスクスケジューラに登録され、動作します。スケジュール化されたタスクは、Sitemap Creatorを起動せずに実行されます。
但し、コンピューターの電源が切れている場合や、スリープモードの場合は自動的に実行されませんのでご注意ください。(スリープモードの状態から起動させるには、直接Windowsタスクスケジューラ上で、設定を行います。)


Sitemap Creatorで設定されたタスクは、Windowsタスクスケジューラ上で確認できます。Sitemap Creatorで提供される設定より高度なスケジューラ設定を行う場合は、Windowsタスクスケジューラの操作方法をご確認ください。


sitemap creatorタスク
スケジュール設定を行ったタスクは、スケジューラ画面に表示されます。

各項目については以下の通りです。

名前 – スケジュール設定時のタスク名
コメント – タスクを作成した際に入力したコメント
次回の実行 – 次回の自動実行するタスクの日時と時間
前回の実行 – 前回実行されたタスクの日時と時間
状態 - 「Ready」と表示されていれば、実行可能な状態です。「Running」は、実行中、「Disabled」は利用不可の状態です。
前回の結果 – 前回実行時の結果コードです。「0」以外の番号の場合は、エラーが発生しているかもしれません。(スケジューラログでエラー情報の詳細を確認できます。)



タスクの追加と編集

Sitemap Creatorのタスクスケジュール上で、タスクを新しく追加するには、「新規」ボタンをクリックします。
「スケジュール設定ウィザード」が起動し、ステップに沿って新しいタスクを作成できます。タスクの設定が完了し、「閉じる」ボタンをクリックすると、Windowsタスクスケジューラにタスクが保存されます。新しいタスクはタスクスケジュール画面に表示されます。


リストに表示されるタスクを選択し、「編集」ボタンをクリックする事で、一度設定したスケジュールはいつでも編集する事ができます。「編集」ボタンをクリックすると、前回の設定内容を保持したままスケジュール設定ウィザードが起動します。スケジュール設定ウィザードを使用するとSitemap Creatorを使用せずに変更したタスクの情報は失われます。


「今すぐ実行」ボタンをクリックすると、強制的にタスクを実行させる事ができます。
タスクは、該当するタスク上で右クリックし、「アクティブなタスク」のチェックを外すと、利用不可(Disabled)の状態に設定する事ができます。利用不可の状態にしても、設定情報はスケジューラ上に保存されていますが、自動的に実行はされません。




タスクの削除

スケジューラからタスクを削除するには、該当するタスクをリストから選択し、「削除」ボタンをクリックします。削除を行うとWindowsタスクスケジューラから完全に削除されますが、プロジェクトやレポート、その他タスクに関連するデータは削除されません。




スケジューラのログ

スケジューラのログは、タスクスケジュール実行中のプロセスを記録します。 ログを閲覧するには、「ログの表示」をクリックします。


sitemap creatorログ

ログファイルの各行では以下の情報が記録されます。

  • イベント発生時の日付/時刻
  • タスク実行時のプロセスID (同時刻に複数のタスクを実行している際に、このIDで判別する事ができます。)
  • ログメッセージ

ログから全ての項目を削除するには、「ログのクリア」ボタンをクリックします。



その他SEO支援ツール


検索順位チェックツール
Rank Reporter

検索順位を毎日自動で取得できる!


内部SEO支援ツール

SEO Composer

ドメイン・ページ無制限で内部SEOチェック!




SEOツールはどう使う?

おすすめ無料・有料SEOツール