被リンク獲得方法と効果


被リンクの意味

被リンクとは、対象のページを基準として考え、その対象のページへ張られたリンクの事を言います。読み方はそのまま「ヒリンク」です。

被リンクとは
被リンクのイメージ

サイト内の他のページからの被リンクは、「内部リンク」、他のサイトからの被リンクは、外部リンクとも呼びます。(※Search Console上の名称)


以前のGoogleでは被リンク数の増加は順位にも大きく影響していました。現在では、その影響は小さくなりましたが、クエリなどの状況によってシグナルとして引き続き使用されているようです。


無料の被リンクチェックツール

自サイトの被リンク状況をチェックする(無料で調査可能)

自社の管理するウェブサイトであればSearch Consoleを使って次の手順で確認する事ができます。まだSearch Consoleを利用していない場合は、この機会に登録しておきましょう。(ここではSearch Consoleの導入手順は省略します。)
Google Search Console


  1. 左メニューの「リンク」をクリックします。
  2. 外部からの被リンクは「外部リンク」の列、サイト内の被リンクは「内部リンク」の列で確認できます。
    serach console 被リンクチェック
  3. 調べたい項目の「詳細」をクリックすると、更に詳細な情報を見ていくことができます。

自社サイトの被リンクの品質も調べたい(有料ツールが必要)

被リンク自体の品質を調べる場合には、Google自体の評価を確認する事はできません。外部の被リンクツールを使うケースが一般的ですが、提供されるデータは、そのツール独自の評価基準によるものとなりますので、あくまで参考値として活用する事になります。
SE Rankingでは、Search Consoleで取得した被リンクデータと連携し、被リンクの質なども含めて一括で管理することができます。
被リンクの信頼度を示す指標としてはMoz Domain Authorityの値が提供されます。詳しくは以下のページをご参照ください。
被リンク監視機能」
被リンク監視機能


競合サイトの被リンク状況を調べたい(有料ツールが必要)

競合サイトの被リンクを調べるには、同じく有料の調査ツールを活用するのが一般的です。自社との被リンクの差を調べたり、競合サイトが獲得している被リンク元のドメインを調べ、アプローチを参考にするといった使い方があります。こちらもSE Rankingの被リンクチェッカー(被リンクエクスプローラー)で確認できます。


被リンクの評価 どのくらいの被リンクが必要?

Googleは数多くのアルゴリズムによってランキングを決定しています。その中の一つとして被リンクの数や質、トピックとの関連性、アンカーテキストによってスコアを付けるページランクアルゴリズムは有名です。
評価方法は、引用による学術論文の評価と近いと言われていて、被リンクをランキングシグナルとして利用しています。つまり価値あるコンテンツ(論文)は多くの人にリンク(引用)されるからです。

被リンクはコンテンツの品質を判断する一つの要素

Googleは、被リンク評価が無い状況で検索結果の品質が保たれるかテストをした事があるようで、その品質はとても悪かったようです。被リンクを評価基準の一つとして使用する事は、コンテンツの品質を判断する為に当分は必要だろうと述べられています。
Is there a version of Google that excludes backlinks as a ranking factor?


被リンクはいくつあてると効果があるか?

現在のGoogleは当初のページランクの仕様に改良を加えているようで、単純にリンクの数が多ければ良いというものでもなく、リンク元ページとの関連性、信頼性なども考慮されているようです。つまり質の方が重要と言えます。
How does Google separate popularity from authority?
一般的に信頼度が重要視されるクエリに関しては、クエリと関連する分野において権威のある信頼の高いサイトからのリンクは評価が高いとされています。


被リンク獲得の効果

直接的なリンクによる効果

被リンク獲得による直接的な効果は、外部サイトからリンク経由で辿ってくる訪問者の増加です。例えば、外部サイトからのリンクを辿って来た訪問者がSNSでシェアしてくれる事で、更なる訪問者を呼び込む事にも繋がります。


SEOの効果

質の高い被リンクを獲得する事は、少なからず検索エンジンの評価を向上させ、クエリによっては検索順位の上昇に繋がります。また、検索エンジンのクローラーはリンクを辿ってページを巡回する為、多くのサイトからリンクを獲得する事で、検索エンジンの巡回頻度も高くなるでしょう。結果として新しいページが素早くインデックスされる事にも繋がります。


自然に被リンクを獲得する方法

被リンクを獲得しやすいコンテンツと、そうでないコンテンツがあります。

被リンクを獲得しにくいコンテンツ

被リンクは全てトップページに集めたいと思いがちですが、商品ページや企業のトップページなどは、余程優れた商品や、人々に共感を与える企業でない限りは、なかなか被リンクは獲得できません。


被リンクを獲得しやすいコンテンツ

ハウツー記事や、トラブル解決などのコンテンツは、検索で調べものをするユーザーには適していて、SNSでの共有や、他のブログからの被リンクは獲得しやすいかもしれません。


ブログを活用して、特定のクエリにマッチした検索ユーザーの満足度を得られるコンテンツを作成する事で、それぞれのコンテンツページで被リンクを獲得する事ができます。
基本的には訪問者に役立つコンテンツ、訪問者にわかりやすい、読みやすいレイアウトなど、訪問者目線でコンテンツを作成していく事が重要です。更に作成したコンテンツを多くの人に見てもらうために発信する仕組みも重要です。


質の高いコンテンツを作成する

Googleのアルゴリズムはコンテンツの質を判断し、検索ユーザーが入力する検索クエリの意図を理解し、検索ユーザーの欲しい情報を関連度順に表示します。
この仕組みを踏まえた上で、ユーザーのクエリの意図を把握し、ユーザーが知りたい情報はもちろん、そのページを見て満足するような役立つコンテンツを作成していきましょう。質の高い、詳しくわかりやすいコンテンツはそれだけでも上位表示される事があります。
※コンテンツの質については「Googleの検索順位を上げる秘訣はコンテンツの質」で解説しております。

しばらくして、検索からの集客が増えていくようであれば、被リンク獲得の機会も増えていきます。但し、レイアウトが見にくかったり、内容がわかりにくかったりすると、被リンク獲得の機会は最大限活かす事ができません。この段階では読みやすいレイアウト、コンテンツのわかりやすさという部分が重要となってくるでしょう。


わかりやすく、読みやすいコンテンツとレイアウト

読みにくかったり、わかりにくいレイアウトや構成では、訪問者にコンテンツを最後まで読んでもらえないかもしれません。特に検索ユーザーの場合、必要とする情報を短時間で見つける事ができなければ、閲覧をやめてしまい、必要な情報を求めて他のページや、他のクエリで検索してしまうかもしれません。Google向けというよりは訪問者目線で改善していきましょう。SNSでシェアしたり、被リンクを張るといったアクションをしてくれるのは満足してくれた訪問者だからです。


質の高いコンテンツをSNSで発信

コンテンツを作成した後には、TwitterやFacebook、YouTube、Feedlyなどを活用して、作成したコンテンツを多くの人に読んでもらえるように発信します。
TwitterもFacebookもYouTubeもオリジナルのブランドページを作成できます。
様々なソーシャルのチャネルを活用してより多くの人に知ってもらえるように情報を発信していきましょう。
TwitterやFacebookを通して拡散されれば、その中から何人かに被リンクで参照されたり、ブックマークされる可能性が高まります。
シェアやリツイートしてもらえたら、フォローしてもらうようにアプローチする事もファンを増やす第一歩になるかもしれません。


誤ったURL(404)でリンクを張られてしまった場合

外部からのリンクURLに記述ミスがあるといったケースは稀に見かけます。外部のウェブサイト運営者にリンク設置ミスを報告しても修正されるとは限りません。
このような場合はリンクミスのURLに対して301リダイレクトを使用して正しいページへ誘導しておく事で、Googleにも外部サイト運営者にもそのリンクを辿ってきた訪問者に対しても親切な作りとなります。


SNSや広告リンクなどの被リンク効果

直接順位に影響する事はありませんが、参照トラフィックが増えれば間接的に被リンク獲得の機会は増えます。

SNSの被リンク効果

SNSではほとんどのケースでリンクに対して、ページランクを渡さないnofollowが付けられています。YouTubeやwikipediaなどもnofollowが付けられている為、自作自演で被リンク構築しても無意味となるでしょう。つまりSNSのリンクはGoogleからは評価されないという事になります。但し、SNSで拡散した結果、そのうちの何割かがはてなブックマーク(リンク効果があります)や参照リンクを張る可能性は増えるでしょう。


広告経由の被リンク効果

バナー広告、テキスト広告、プレスリリースは基本的にはnofollowが使用されているケースが多いと思います。そうしなければGoogleのガイドラインに違反してしまう事もあるからです。リンクにnofollowが付与されている場合には、プレスリリース配信サービスやウェブメディアの広告に出稿したからといって直接的に順位には影響しません。メディアの中には、全てのリンクに対してnofollowを付与していない場合もありますが、基本的にはGoogleはプレスリリースのリンクを無視するようなので(以下John Mueller氏の発言から)、順位への影響はほぼ無いでしょう。



但し、トラフィックが増える事によって、そのうち何人かがブックマークや参照リンクを付けてくれる可能性はもちろんあります。


サイト内被リンクの当て方

被リンクは、自分のウェブサイト以外からのみではなく、自身のウェブサイトの他のページからも張る事ができます。訪問者にわかりやすく使いやすいナビゲーションメニューや、アンカーテキストリンクは、Googleからも評価されます。

共通メニューのリンクが多過ぎれば、訪問者にとっては使いにくくウェブサイトの全体像がわかりにくい設計となります。特定のページにリンクを集めるという事を意識しすぎず訪問者にとって不要なリンク、不適切なリンクは極力共通メニューから除外しておくと良いでしょう。
ボタン等の画像に対してリンクを設定している場合は、Googleはalt属性のテキストを使用してリンクを判断しています。


パンくずナビゲーション

パンくずナビゲーションとは、現在のページの位置を階層構造で示したリンクの事を意味します。訪問者にとっては、今見ているページの場所が一目で判断できます。
パンくずリスト サンプル


共通メニューのバックリンクは一定値に達すると評価に加算されない

あるドメインからのリンクが1つの場合、1つの被リンクとしてカウントされますが、50ページ分の共通メニューからのバックリンクを設定したからといって、50件のバックリンクとはみなされず、アルゴリズム的にある程度の量まで到達するとそれ以上はカウントされないようです。


コンテンツ本文内のアンカーテキストリンクは評価が高い

Googleは自動的であったり、手軽に一括で設置できるサイトワイドリンクよりも、人の手で編集に時間を割いて本文内に設置したアンカーテキストリンクの方を評価しているようです。訪問者の利便性を重視して、関連するコンテンツを補足する目的や、引用する際などにはわかりやすいアンカーテキストによるサイト内リンクを設置しましょう。本文内のアンカーテキストリンクも過度に設置すると見にくく、わかりにくいページとなりますので、訪問者にとって意味のあるコンテンツへのリンクのみに絞ります。


重要なページへのリンク

トップページから何回もクリックしていかなければたどり着けないようなページは、その分ページランクの評価も薄まります。重要なページはトップページからたどり着きやすい浅いリンク階層で設計しておくと良いでしょう。


その他の外部リンク獲得施策

被リンクやページランクの操作を目的とした外部施策はGoogleのアルゴリズムや手動ペナルティによってウェブサイトの評価に悪影響をもたらします。
Googleも再三ウェブマスター向け公式ブログやメディアでアナウンスしています。
※Googleのアナウンス「PageRank を渡す有料リンクについて覚えておいて頂きたいこと


リンクを購入する事はガイドライン違反となるにも関わらず、ペンギンアップデート前には蔓延していました。 しかし2017年のデータによると現在はアルゴリズムの改善と、大規模に対応できる手動対応の成果でから、「不自然な被リンク」警告の数は半減したようです。
How we fought webspam – Webspam Report 2017参照


このような事実があまり知られていない為、現在でも被リンク購入を提案される場合もあるかもしれませんが、リスクが大きい為避けた方が良いでしょう。


被リンク購入

リンクを販売する業者は現在では大分淘汰されてきていますが、今でもSEO目的でリンクを販売している業者は存在します。
IP分散など、業者の被リンク販売の謳い文句となっている、被リンク元サイトのIPアドレスについては、順位や評価には影響しないとの事です。(John Mueller氏は、IP分散による被リンク獲得施策は時間の無駄で無益だとも発言しています。)

リンクの購入(ペイドリンク)はガイドライン違反となり、ペナルティの対象となりますのでご注意ください。 リンクプログラムに関するガイドラインについては、以下のページを確認しておきましょう。
リンク プログラム


サテライトサイトを作成した被リンク

コンテンツの質が重要視されている現在ではその労力や費用があるのであれば、コンテンツの質を改善される方向に注いだ方が効率的と言えます。
似たようなテーマのウェブサイトを二つ作ったとしても管理が疎かになり、評価も分散する為におすすめできない施策になります。


プレスリリースを多用したリンク獲得

以前はプレスリリースに含めたリンクによるリンク獲得も可能でした。これを悪用し、毎週のようにプレスリリースを出しまくる企業もありましたが、現在ではほとんどのプレスリリースサービスのリンクにはnofollowが付与されていますので無意味となります。プレスリリースは本来の目的で正しくサービスを利用しましょう。


有料ディレクトリ登録サービス

こちらは既に過去の話ですが、以前は大手のディレクトリ登録サービスに費用を払って登録する事で、被リンク評価を上げる事が可能でした。
Googleは金銭で獲得したリンクをガイドライン違反としていた為、2013年10月にGoogleが複数のディレクトリ登録サービスに対してnofollowを付けるように警告しました。結果的にディレクトリ登録サービスは終焉を迎え、残っていたとしてもリンクにnofollowをつけてる為に効果はありません。


被リンクによるペナルティ通知が届いた場合の対処

Search Consoleにウェブサイトを登録していて、何らかのガイドライン違反を行っている場合には、Googleからメッセージが届きます。
※リンク関連のスパム行為の場合には、「不自然なリンクに関する警告」が届きます。


この場合は、不自然な被リンクは可能な限り削除した上で、疑わしい被リンクを全てリンク否認ツールで拒否します。
バックリンクを否認する


このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部