ロングテールキーワード(ニッチキーワード)とは?


ロングテールキーワードとは、複数の様々なワード(単語)の組み合わせにより検索されるキーワードです。
1単語のキーワードで、頻繁に検索されるキーワードをビッグワードと呼ぶ場合が多いのですが、そのワードを軸にした3~4単語の複合キーワードをロングテールキーワードニッチキーワードと呼びます。


これらのキーワードは、検索母数は少なくても検索の意図が明確な為、そのキーワードの意図を理解して詳しく解説したコンテンツを作成する事で成約(コンバージョンとも言いますが、いわゆる購入や、申し込みなどを意味します。)に結びつきやすいといった特長があります。




ビッグワードとスモールワード

ビッグキーワード

検索ボリュームの大きいキーワードをビッグワードと言います。
例を挙げると、「お茶」、「化粧品」、「ビール」など、検索ボリュームの大きい1単語でのワードが分類されます。
ビッグワードの特徴については、「ビッグワードでのSEOは非効率?」で解説しています。


スモールキーワード

一方で検索ボリュームの小さいキーワードをスモールキーワードと言います。
ビッグワードと比べてボリュームの小さい「掛川の深蒸し茶」、「無添加化粧品 通販 」などが分類されるかもしれません。


検索キーワードのボリュームに関係なく、競合となるコンテンツが多ければ検索順位の上位表示への難易度は高くなります。




ニッチキーワード

競合が少なく、検索ボリュームがそれなりにあるキーワードをニッチキーワードと呼びます。ニッチキーワードは上位表示への難易度は低く、競合となるコンテンツが現れるまでは安定した集客を行う事ができます。


はじめてSEOを行う場合は、このようなニッチキーワードを見つける事ができれば効果的に集客する事ができます。


はじめから大きなトピックの専門家を目指す事は困難な為、ニッチなトピックの専門家になってニッチキーワードでの集客ができるように運営していく事がSEOの第一歩です。




ロングテールキーワード

ロングテール理論は、2004年10月に米WIRED誌の編集長だったクリス・アンダーソンによって提唱された理論です。
Amazonのような膨大な商品を取り扱うウェブサイトの場合、売上の中心になるのは、ミリオンヒットした書籍からの売上ではなく、年に一度程しか売れないニッチな書籍が全体の8割りを占め、残りの2割りがミリオンヒットやミドルヒットした商品で売上が構成されています。


横軸に商品名(書籍名)、縦軸に売上を示したグラフでみると、長い尻尾(テール)のように見えることから「ロングテール理論」と呼ばれるようになりました。


このロングテール理論をウェブサイトのアクセスキーワードに当てはめたのがロングテールキーワードです。
Amazonのは各ページニッチキーワードで上位表示されているため、各ページの集客数は少なくてもウェブサイト全体の集客数は膨大なものになります。


もちろん、集客するキーワードは購入につながりやすい商品名などの絞り込みのされたキーワードのため、コンバージョンも高まります。
一つのキーワードの集客数は少なくても、多くのページを異なるキーワードで最適化し、集客する方法をロングテールSEOと言います。




良く使用されるキーワードやその母数を調べるには?

SEOやリスティング広告において頻繁に使用されるキーワードのパターンや、その検索ボリュームを予め調べておく事は施策の成功の鍵を握ります。


ツールを使ったキーワードの調査・選定方法については、「SEOキーワード選定のコツと1ページで意識するキーワード数」で解説しています。




ロングテールキーワードの効果を測る指標

お持ちのページの多くを異なるキーワードで最適化した後は、売上げ、検索エンジンからの集客、検索順位を定期的にチェックしておきましょう。

売上げ、問い合わせなどのコンバージョン

ECサイトであれば、売上げは日々見ているはずですが、問い合わせなどに関しては、コンバージョン設定を行い、いつでも確認できるようにしておく必要があります。
まずは目標(コンバージョン)の設定方法をご確認ください。


検索エンジンからの集客

ロングテールSEOを行った後、各ページごとにそれぞれのキーワードで集客が出来ているか確認しましょう。
アナリティクスでLPごとの検索キーワードを確認


検索順位の動向をチェック

複合キーワードもさまざまな組み合わせがある為、ひとつひとつのページの順位を確認するには手間がかかります。
PCインストールタイプのRank Reporterか、企業であればクラウドタイプのSE Rankingはおすすめのツールです。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部