メタキーワードとは?meta keywordsタグは不要?

目次

メタキーワードとは?

メタキーワード(meta keywords)とは、検索されたいキーワードを検索エンジンに示す事ができるHTMLのhead内に記述するメタタグの一つです。
メタキーワードは、ページ内のトピックを分かりやすい単語にして、カンマ区切りでhtmlのmeta keywordsタグで指定します。Googleなどの主要検索エンジンではメタキーワードを無視する為、検索で上位表示狙いたいキーワードを指定しても意味はありません。

メタキーワードの例

<meta name=”keywords” content=”Webデザイン,MT,WP,CSS,PHP,サーバ関連”>

タイトルタグやメタディスクリプションは検索結果上のタイトルやスニペットとして検索ユーザーが目にする項目ですが、メタキーワードは、基本的に検索ユーザーの目に触れることはなく、主に検索エンジン向けに記述します。

本来は検索エンジンのコンテンツ理解を手助けする意味でメタキーワードを記述していましたが、Google向けの最適化に限っては、メタキーワードは特に記述の必要はないでしょう。その理由を説明します。

現在ではGoogleはメタキーワードを順位決定の要素に使用しない

 Googleは、2009年9月21日にウェブマスター向けオフィシャルブログで「メタキーワードを検索順位を決定づける要素としては利用していない」と記述しています。

Googleがメタキーワードを評価対象から外したのは、コンテンツとは無関係なキーワードを記述する検索エンジンスパムが横行したのが一つの理由とも言われています。

メタキーワードに関係の無いキーワードを羅列してもスパムとしてGoogleの評価が下がるという事はありません。メタキーワードは完全に無視されて、そこに何を記述しても効果は無く、評価には影響しないようです。

では、Googleは今後もメタキーワードタグは利用しないのでしょうか? 以下の様にも記述があります。

Q: Does this mean that Google will always ignore the keywords meta tag?
A: It’s possible that Google could use this information in the future, but it’s unlikely. Google has ignored the keywords meta tag for years and currently we see no need to change that policy.

https://developers.google.com/search/blog/2009/09/google-does-not-use-keywords-meta-tag
Googleは今後もメタキーワードタグを利用しないか?

将来的にGoogleがその情報を使用する(低いですが)可能性はあります。Googleは何年もの間メタキーワードを無視してきていて、現段階でも方針を変更する必要はないと考えています。

メタキーワードは設定するべきか

メタキーワードの書き方や抑えておくべきポイントといったものは特にありません。
Googleに関してはメタキーワードを無視するという事なので、キーワードの個数やキーワードの重複、キーワードの順番や書式について意識する必要はありません。

かつてはニュースサイト向けに、専用のニュースサイト向けメタキーワードの使用が可能で、ニュース検索の順位付けに使用されていました。現在はGoogleこの記述をサポートしていません。記述しても無視されるようになっています。

Bingに関しても同様にメタキーワードは無視されます。

Yahoo!JapanはGoogleのエンジンを使用している為、実質的に主要検索エンジンはメタキーワードを無視します。その為、わざわざメタキーワードに労力を割く必要は全くありません。

それではメタキーワード以外に修正すべき点は何でしょうか?

まずは簡単に最適化できる部分としてはタイトルタグがあります。タイトルの最適化方法については以下の記事をご覧ください。

タイトルタグのGoogle最適化方法

その他総合的に自身のウェブサイト全体(ページ単体のみでなく)の最適化スコアや最適化すべき点を把握したい場合は、SE RankingのサイトSEO検査が便利です。無料で2週間のトライアルが利用できるので、試してみてください。

サイトSEO検査

お役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

SE RankingのサイトSEO検査ツール

全てのページを高速かつ低負荷で巡回
問題点を抽出し、重要度を3段階に分類してレポート
定期的に自動で検査を実施

この記事を書いた人

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。
著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)

コメント

コメントする

目次
閉じる