サーバーレスポンスコードとGoogleの処理

サーバーレスポンスコードとGoogleの処理

ブラウザやGoogleがページを要求すると、ウェブサーバーがステータスコードを返します。Googleのクローラーはhttpステータスコードに応じて処理が異なります。

例えば301であれば、ページが移転したことを意味するので、過去の評価(全てではありませんが)を移転先のページへ流します。
404はページが見つからない場合にステータスコードとしてブラウザやGoogleボットに伝えますが、だからといって直ちに検索順位に影響があるわけではありません。

ページがなくなったり、サイト構築に失敗したり、ウェブサイトがサーバーダウンしてしまったり、Googleボットや訪問者をブロックしてしまったりなどウェブマスターが思いもかけないトラブルに陥る事は良くあります。
Googleのクロールチームはこれらの事を柔軟に対処できるように考えて設計しているようです。

目次

ステータスコード別Googleの処理の違い

ステータスコードコードの意味Googleの処理
200正常を意味します。正常に処理されます。
301恒久的な転送を意味します。ページランクを転送先ページへ引き継ぎます。301リダイレクトについての記事をご参照ください。
302一時的な転送を意味します。長期に設定されていれば301同様に扱う。
308リクエストされたリソースが Location ヘッダーで示された URL へ完全に移動したことを意味します。301同様の処理。
403閲覧禁止を意味します。このコードでもインデックスからは消えるようですが、通常通り404を使用する事をすすめています。
404ページが見つからない事を意味します。Googleが404のページを見つけた場合、そのページの情報は24時間の間クロールシステム上で保護します。一時的な404を表示しているだけかもしれないですし、ウェブマスターが意図したものではない可能性もあるからです。
410ページがなくなり、永久にページが戻ってこない事を意味します。Googleが410のページを見つけた場合、ウェブマスターが意図的にそのページは無くなったという処理を行ったととらえて直ちにクロールシステムに通知します。
502不正なゲートウェイを意味します。ページが一時的に利用できない場合に、503の代わりに使用しないでください。
503一時的にサービスが利用できない事を意味します。Googleに対しては現在のページコンテンツを無視して、後でまたページを訪れるように伝えます。トップページや重要なページを一時的に削除、リダイレクト、置き換えを行う場合には、何もレスポンスコードを返さなければそのままGoogleにインデックスされます。
場合によってはウェブサイトの検索トラフィックにも悪影響を及ぼす為、このような場合には503を指定しておくと良いとの事です。※1

※1

クロールエラーの原因が5xx系のエラーの場合

インデックスさせたいページにも関わらず、複数の5xx系のエラーによってクロールエラーが発生している場合は、問題ととらえた方が良さそうです。5xx系エラーが大量に発生している場合には、クロール自体もスローダウンしてしまいます。

お役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

SE RankingのサイトSEO検査ツール

全てのページを高速かつ低負荷で巡回
問題点を抽出し、重要度を3段階に分類してレポート
定期的に自動で検査を実施

この記事を書いた人

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。
著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)

コメント

コメントする

目次
閉じる