タイトルタグの使い方 Google検索結果の文字数(長さ)、キーワード数

2016年9月15日
はてなブックマークに追加

SEO Composer

ページタイトルは検索エンジンが順位を決める為の200以上の要素のうち、最も効果的に、かつ簡単に最適化できるタグです。Googleは、サイト内のページそれぞれに固有のタイトル文を付けることを推奨していますので、ポイントを理解して魅力的な文章を作成しましょう。





タイトルタグ最適化の効果は順位だけではない

Googleがコンテンツの質を理解できるようになって以降、以前と比べるとタイトルタグのランキングにおける重要度は低くなってきています。
(以前はタイトルにキーワードを含めるだけでも順位に大きく影響していましたので。)
それでもタイトルは依然として順位に影響する要素でもありますし、順位以外の面でも無視できない効果があります。


一度SEOの視点から離れて、訪問者の視点で考えてみてください。


訪問者は検索結果を見た際に何を基準にクリックしているか?

訪問者は検索を行った後、検索エンジンの結果ページを見ます。上位から順に見ていきますが、その中で訪問者が探したい情報が含まれるページを探します。
では、訪問者は検索結果ページで何を目安にして、クリックしているのでしょうか?


答えは、検索結果に表示される「タイトル」と「紹介文」です。


つまり、タイトルタグの文言を作成する際には、検索されるキーワードで競合サイトと比較してより魅力的な文章にする事でクリックされる可能性が高まります。




タイトルは検索結果に表示される

タイトルは、一部例外はありますが検索結果にそのまま表示されます。検索キーワードに一致する語句がタグ内に含まれている場合は、その語句が太字で表示されます。


ページタイトル

ユーザーは検索結果に表示されたページタイトルを見てクリックするかどうかを決めます。

つまり、適切な「文字数内でいかに文言を魅力的にするか」がアクセスを増やす一つのポイントとなります。


タイトルタグの適切な文字数

検索結果の画面上に表示されるタイトル文には、表示できる幅に制限があります。
制限を超えると…で省略されてしまいます。


タイトル省略

2014年3月13日にGoogleの検索結果画面が正式に変更された事がアナウンスされています。タイトルのフォントが大きくなり、下線が取り除かれ、ラインの高さを統一したようです。


タイトルのフォントサイズ変更に伴い、タイトルで表示される文字数も少なくなりました。
30文字程度を目安にタイトルを作っていくと省略されずにタイトル文が表示されるはずです。


タイトルで文字数が多すぎる・少なすぎる例

タイトルの文字数が少なすぎる例
<title>少ない</title>


タイトルの文字数が多すぎる例
<title>文字数が非常に多すぎて、わかりにくいタイトルで、最適化されていないケース。文字数が多いタイトルの具体例です。そのほかにタイトルが検索エンジンの上位表示の要素だからといって、キーワードを詰め込むとGoogleからの評価を下げる事にもなります。</title>

ページタイトルを魅力的なものにすることで、たとえ検索順位が3つ4つ程下でも上位のページのアクセス数を上回ることもあります。




タイトルタグにキーワードを含める方法

基本的には、ページコンテンツに含まれるトピックにマッチするキーワードを優先度の高いものに絞った上で、キャッチーなタイトル文を作成します。


キーワードリッチなタイトル文作成の注意点

キーワードを詰め込むのではなく、文章として成立させる事が重要です。タイトル文が不自然であれば検索結果でクリックされる確率は低くなります。
また、Googleはコンテンツの質も判断していますので、コンテンツ内に含めたキーワードに関連するトピックが存在しない場合には大抵順位は向上しません。
仮に上位表示されても訪問者はすぐに離脱してしまう為意味がありません。


キーワードリッチなタイトル文を作成する事で様々な検索キーワードで順位向上を狙うことができ、結果的にトラフィックの向上にも結びつきます。
コンテンツの質は最も重要ですが、自分でコントロールできる要素としてタイトルタグはその次に重要な要素とも言えます。


当ブログの記事のタイトル文を例にして説明します。



このタイトル文は「XML」、「サイトマップ」、「とは」、「効果」、「作成」、「登録」、「方法」、「更新」、「頻度」、「Google」、「クローラ」、「SEO」という単語を含む文章です。


実際に以下のような様々なキーワードで検索されています。

件数はGoogleのキーワードプランナーで2016年1月7日時点で調べた月間平均検索ボリュームです。
順位はその時点でSEO管理ツールのSpresseoで計測している順位です。


  • サイトマップ | 6600件 | 7位
  • xmlサイトマップ | 480件 | 2位
  • サイトマップとは | 1000件 | 7位
  • seo サイトマップ | 90件 | 4位

※上記のキーワードの他にも小さな規模のテールワードでの集客ができています。


このようにキーワードリッチなタイトル文は様々なパターンのキーワードに対応できるというメリットがあります。


一方でタイトルタグには表示される文字数の制限があり、キーワード詰め込みはガイドライン違反となる為、考え付く全てのキーワードを含めるわけにはいきません。
検索ボリュームの多い優先度の高いワードから絞って含めていきましょう。
検索ボリュームの調べ方については、「検索キーワードボリュームとあなたのウェブサイトの順位チェック方法」で解説しています。


タイトルの文字数 順位とクリック率どちらを重視する?

このブログでテストを行った限りでは、ランキングを重視する場合にはタイトル文は40~50文字位までなら効果はありそうです。
但し、長いタイトル文の場合はタイトル文の一部が省略されたり、検索クエリによってはGoogleによってタイトル文が自動的に書き換えられます。


クリック率を重視するなら30文字で抑える必要があります。


どちらもメリット・デメリットはある為、状況に応じて使い分けてみる事をおすすめします。


タイトル最適化よりも新規にコンテンツを作成した方が良いケース

軸となるキーワードにマッチするコンテンツがなければ、新規にコンテンツを作成したほうが良いでしょう。


また、表示されるタイトル文には文字数制限がある為、一つのタイトル文でキーワードを含めて詰め込み過ぎとなってしまうようであれば、新規のコンテンツを作成していくほうが良いでしょう。


既存コンテンツのメンテナンスと新規コンテンツ作成についての考え方は「サイト内コンテンツの更新頻度(ページ追加)の影響と有効性」が参考になるかもしれません。


このようにタイトルタグの最適化を行うと、以下のような疑問が出てくると思います。
一つずつ解説していきます。


タイトルタグに含めるキーワードの個数

当ブログでは軸となるキーワードを1つと、セットで使用されそうな単語2つは最低必要と考えています。
コンテンツが良ければタイトルにキーワードが含まれていなくても本文に含まれている単語でも上位表示される事はあります。
はじめのうちは3ワードぐらいを意識してコンテンツを書いていくと良いでしょう。


そのページが集客できるようになってきたら、コンテンツにトピックを追加してメンテナンスしながらタイトルも強化していくと効果的です。
当ブログでは特に個数を意識する事はありませんが、コンテンツでカバーしているトピックに応じて、タイトルのキーワードの個数を徐々に増やしています。


タイトルタグには同じキーワード繰り返して含めても良い?

タイトルにキーワードを含めるという事は重要ですが、同じキーワードを繰り返し含めても全くと言って良い程順位に影響は見られません。
文章上どうしても同じキーワードが2つになってしまう場合もあるので、その場合は含めても良いでしょうし、あまり神経質になる必要はありません。


タイトルタグ内に配置するキーワードの位置

若干順位にも影響するものと思われます。
タイトルの文字数が長く、軸となるキーワードを後方に配置した場合、検索結果に表示される際にタイトル文の後方は省略されてしまう為クリック率の点でも悪い影響はあるかもしれません。
タイトルの先頭の方に重要なキーワードが含まれていた方が良いでしょう。


キーワードの近接度

若干説明が必要ですが、例えば「SEOツール」というキーワードは分解すると「SEO」と「ツール」に分けられます。
この場合、「SEOツール」という検索キーワードに最適化させる場合は以下のどちらが良いでしょう?


SEOツール・PCソフトの株式会社アレグロマーケティング

※SEOとツールは続けて配置しています。


SEOに便利な各種ツールの開発 株式会社アレグロマーケティング

※SEOとツールは分かれて配置されています。


正解と言い切れませんが、現時点でのGoogleの認識度合いを見る限りでは、「SEOツール」のように頻繁に検索される単語は、それだけで1単語と認識されているのではないかと推測しています。
その為、このようなクエリに対応するには、タイトルもクエリに合わせて「SEOツール」を1単語として扱い最適化していった方が良いと考えています。


タイトルタグは内部SEO要素

SEOは検索エンジンが理解しやすいようにページ上でHTMLタグを修正し最適化する内部SEOという手法と、外部からの信頼や評価を獲得する外部SEOで分けられます。
現在のSEOでは、コンテンツの質という部分が最も重要となっていますが、質の高いコンテンツに対して内部SEOを行うという方法はSEOの基本となります。


タイトルタグの最適化は内部SEOの要素になりますが、それ以外にもメタディスクリプションや、見出し、alt属性など内部SEOには様々な要素があります。
基本的には内部SEOも考慮してコンテンツを作成しておけば二度手間にはなりませんが、これから始めて内部SEOを行われる場合には既存ページ全体をチェックする必要もでてくるでしょう。


このような場合には内部SEO支援ツールのSEO Composerを活用すると便利です。


内部SEOツール



タイトルはページ上には表示されない

タイトルは検索結果には表示されますが、実際のウェブページ内には表示されずにブラウザ画面の上(通常は左上やタブ内)に表示されます。


ページ内に表示

訪問者は検索結果画面の文章を見て、あなたのページを訪問します。そしてあなたのページを見た直後に訪問者が探している情報がページ内にあるかを探します。
ターゲットとする検索キーワードにマッチするようにH1見出しタグや、画像を配置して訪問者にページ内のコンテンツをきちんと読んでもらえるように誘導しましょう。


SEOを意識し過ぎると失敗も

SEOばかりを意識してしまうと、ページ内のコンテンツと一致しないタイトル文を記述してしまいます。仮に上位表示されたとしても訪問者は目的の情報が無いと判断してしまい、再び検索エンジンの画面に戻って他の競合サイトのページへと流れてしまいます。
キーワードにマッチするコンテンツが無い場合は、コンテンツを追記するか、別ページでキーワードにマッチするコンテンツを作りましょう。




タイトルの重複は避けましょう

Googleはページ個別にタイトルをつけることを推奨しています。また、タイトルタグ自体は、SEOを行う際の重要な項目ですのでコンテンツとマッチするキーワードを含めてページタイトルを設定しましょう。
タイトルの重複をチェックする方法については、以下のページで解説しています。
HTMLの改善で短い・重複するメタデータやタイトルタグ




検索結果のタイトルが異なって書き換えられる

検索結果に表示されるタイトルは検索クエリとコンテンツがマッチしていればHTML上で記述するタイトルが表示されます。
クエリにマッチしない場合や、ウェブサイトをブラウザで見た場合のヘッダー部分で統一して記述企業名によっては、Googleの方でタイトルタグを自動的に書き換えてしまう事があります。
以下は、Googleが書き換えたタイトルによって検索結果画面で検索ユーザーに違和感を与えてしまった失敗例です。


タイトルタグを設定しているにも関わらず、ある検索キーワードで検索すると、検索結果のタイトルが変わってしまうページがでてきています。
当サイト(アレグロマーケティング)では、SEOソフト以外にも消去ソフトや読み上げソフトを取り扱っているのですが、以下のように表示されてしまった為、集客が減ってしまった事がありました。


Googleのタイトル書き換えで検索からのアクセスダウン

下記は商品名「DiskDeleter」と「アレグロマーケティング」で検索した結果の画面キャプチャーです。


Googleによるタイトル書き換え

Googleが機械的にタイトルに書き換えると上記のようになります。消去ソフトなのに、SEO対策ソフトと書き換えてしまう為、クリック率が下がっても仕方がありません。


タイトルやMETAディスクリプションを記述していないページや、検索されるキーワードがタイトル、METAディスクリプションに入っていないとこのように書き換えられてしまいます。
また、ブラウザ表示の際のヘッダー部分に統一して記述する「○○○○のアレグロマーケティング」といった記述も影響しているようです。


Googleによる検索結果のタイトル書き換え基準

Googleがタイトルタグを強制的に書き換えるようになってから大分時間が経過しましたが、このタイトルタグ書き換えに関してはどのような基準があるのでしょうか?
Matt Cutts氏が回答しています。



Googleが検索結果に表示させるタイトルを選ぶ際、ページの簡潔なディスクリプションと検索クエリにふさわしい箇所を探します。
これには3つの基準があります。


タイトルタグをそのまま表示させるケース

  • 1.相対的に短いタイトル(※長すぎるタイトルタグではなくという意味で解釈)
  • 2.ページのわかりやすい説明と理想を言えばサイトのわかりやすい説明
  • 3.クエリと関連性があるか

あなたのページ内のHTMLで記述するタイトルがこの基準に当てはまっていれば、ほとんどの場合そのまま使用されます。


記述したタイトルがベストだと思っていても、上記の基準に当てはまらない場合は、検索ユーザーにとってはそのタイトルがクエリと関連していないと見られ、このページ内のコンテンツが良くわからずクリックされにくくなります。


このようなケースでは、Googleでは以下の情報を使用するかもしれません。

タイトル書き換えに使用する情報

  • ページ内のコンテンツ
  • そのページへのリンクと関連するテキスト
  • オープンディレクトリプロジェクト

Googleは検索クエリにマッチするコンテンツを探し出して順位付けを行います。
Googleのタイトルタグの書き換えは、検索ユーザーにそのページ内のコンテンツを判断してもらう為の仕様です。
当サイトの場合は適切ではないタイトルを付けられてしまった事はありましたが、タイトルタグが検索クエリとマッチしなくても、コンテンツ内のふさわしい文章を探し出してタイトルを書き換えますのでほとんどのケースでは良い方向に働くはずです。




タイトルタグを目立たせる手法

検索順位向上の他に、検索結果のクリック率(CTR)向上もSEOで考慮すべき部分です。
ここでのCTRはGoogleの検索結果画面に表示された際の表示回数と、クリック数で算出した割合です。


検索順位が上がればCTRも理論上は上がるはずですが、この順位という要素以外にもCTRを向上を目的とした最適化方法があります。
検索結果画面ではタイトル、スニペット、リッチスニペットを工夫する事で検索ユーザーの知りたい情報を表示させ、CTRを改善させる事ができます。


ここでは検索結果画面のタイトル、スニペット表示に関して行った、手法のいくつかをご紹介します。


Google Search Consoleで検索キーワードを見ると、「検索アナリティクス」という項目がありますのでこちらで結果を判断します。
工夫してCTRが上がるようであれば成功です。

Search Console CTR

CTRの改善が、タイトル、スニペットの記述だけが原因かどうかは判断しにくいケースもあります。
というのは、仮に検索ボリュームの多い特定のキーワードで、10位だったものが2位まで上昇した場合、上位表示によるCTR改善も考えられるからです。タイトルを修正している為、順位への影響も大きい為、「順位は変わらず」、「タイトルやスニペットだけ表示が修正された」状態が一定期間続かなければCTRとの関連性は判断しにくいかもしれません。


Googleの検索結果画面

Googleではタイトルとメタディスクリプションに検索キーワードが含まれていて、検索ユーザーが検索するクエリとマッチしていれば、そのまま検索結果画面のタイトル、スニペット文として表示される確率が高いです。


タイトル・ディスクリプションを競合となる上位のページより魅力的に

特定のキーワードで上位表示されているページと、自分のページとで検索結果に表示されるタイトル、スニペット(ディスクリプション)を比較してみます。
例えば現時点では、以下のように検索結果に表示されているとします。


修正前のタイトル、スニペット

劣っている部分を補い、強みをアピールする文章に修正します。
例えば低価格が強みで、価格が安くても導入実績が豊富にあれば、追記してみましょう。
上位ページとの違いを明確にする事でクリックされる確率は高まります。
逆に上位ページとほぼ同じ事しか書いていない場合は、違いが無いのでクリックされないかもしれません。
自身が検索する際の行動と置き換えてみると良いでしょう。


修正後のタイトル、スニペット

修正したからといって直ちに検索結果画面のタイトル・スニペット文が変更されるわけではありません。
Googleのクローラーがそのページを巡回して、再インデックスしてはじめて検索結果画面の表示に反映されます。
この手順を短縮する為に念の為にXMLサイトマップとRSSフィードをSearch Console(旧ウェブマスターツール)に登録し通知しておきます。


タイトルタグ内に記号を入れてみる

目立たせる為に、☞ のような記号を入れ込んでみましたが、結果的に☞ のマークは除外されて表示されてませんでした。他の記号で「◎」も試して見ましたがこちらも除外されてしまいました。
Adwords広告でも試して見ましたが、これらの記号は使用できないようです。
ただし【】墨付きかっこは使用できるようで、一部のニュースメディアや楽天さんのウェブサイトでは良く見かけます。


サイトリンクで検索結果を目立たせる

ブランド名、社名、場合によっては汎用キーワードで検索された場合に、下記のようにサイトリンクが表示されます。
検索ユーザーへの視認率と印象が変わるかもしれません。

社名サイトリンク

汎用ワードサイトリンク



タイトルタグのまとめ

タイトルタグで気になる点をまとめてみると相当な項目がありますね。
実際にSEOを行う際には、「タイトルに2~3キーワードを含める(これも段々効果は薄くなっている気はします。)」、「タイトル文は他のページと重複しない」といった点と、検索上位にランクした際には、CTR改善の為にタイトルをより魅力的にしたりといった点を注意してタイトル文を書きましょう。


SEOではタイトルよりも重要な点はいくつかあります。これからSEOに取り組む方向けに必要なSEO知識と施策の方法をまとめた「初心者向けSEOガイド」をご参照ください。



ページ上部

役に立ったらブックマークをクリック!

はてなブックマークに追加


野澤洋介
野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表

SEOツールのプロジェクト担当者でもあり、自社のSEO担当でもあります。
SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。




SEO管理ツール Spresseo(エスプレッセオ)

コンテンツが増え、SEOの管理が煩雑になってきたらツールで効率化しましょう。
ページごとの内部最適化や、キーワードの順位取得や競合比較、獲得した被リンクのレポートを自動化できます。