Jimdoでサイトマップを設定しSearch Consoleに登録


Jimdoで内部対策を行う際のヒントを解説します。XMLサイトマップに関して以前は非対応だったようですが、現在では対応しているようです。(Googleとサービスで提携しているからでしょうか?)




Jimdoで自動生成されるXMLサイトマップ

Jimdoで取得したドメインの直下にsitemap.xmlと付け加えてURL入力すると、XMLサイトマップの内容が表示されます。ページを追加すると自動的にXMLサイトマップにも追加されるようです。


http://ウェブサイトのドメイン/sitemap.xml


SEOではクローラーにページを巡回してもらうよう、XMLサイトマップをページが増えるごとに更新していく為、自動で登録される点は非常に便利です。
※ただ一つ欠点があるとすると、XMLサイトマップに<lastmod>が指定されていない点でしょうか。


<lastmod>で正確な日時を指定する事は重要

既存のページの情報を変更して更新する際には、XMLサイトマップに記述されるページに対して<lastmod>を加えて更新日を指定する事で、Googleのクローラーはそのページを優先的にクロールするように処理します。


Googleのページ上ではXMLサイトマップは強制的にクローラーを制御するものではないと記述がありますが、
サイトマップについて
更新したページをGoogleに通知する際には非常に便利なファイルです。
特にウェブサイトの規模が大きくなってきた際に古いページを更新した場合、XMLサイトマップに<lastmod>が含まれていないと、Googleのクローラーがなかなか巡回せずに検索結果にも最新の情報が反映されない場合もあります。




XMLサイトマップとは?

検索エンジンのクローラーに対して、ウェブサイト内のページを知らせて効率良く巡回してもらう事ができます。
ウェブサイトを作ったからといって、クローラーが巡回しなければ検索結果には表示されませんので、XMLサイトマップを作成して、Search Console(旧ウェブマスターツール)にサイトマップを登録しておきましょう。
XMLサイトマップについては、「XMLサイトマップとは?検索エンジンロボットに効率よくページを巡回してもらう」で解説しています。




JimdoのXMLサイトマップに含まれないもの

実際にXMLサイトマップの中身を見ると、ページURLの記述となっています。
本来XMLサイトマップはページURLの他に、最終更新日、クロールの優先度や、更新頻度等を記述する事ができますが、Jimdoで自動で生成するXMLサイトマップにはこれらは含まれていません。
古いページのコンテンツの内容を修正した場合などは最終更新日を最新にしておく事でGoogleにページの内容が変わった事を伝える事ができます。


Google向けには画像や動画の情報も記述できます。
画像を多く使用しているウェブサイトの場合は、画像情報を含める事で通常検索の他に画像検索でもインデックスされやすくなります。


優先度や更新頻度、画像情報を含めたより詳しい内容のXMLサイトマップを作成する場合は、XMLサイトマップ作成ソフトがおすすめです。



Jimdoの場合、独自で作成したXMLサイトマップをウェブ上に配置する場合は、一つ作業が必要です。
ページ上のパーツを配置する際に表示される「ファイルダウンロード」というメニューを使用して、作成したXMLサイトマップをアップロードします。
アップロード先のURLは実際にブラウザで表示させて、右クリックで対象のURLをコピーしておきます。
(後ほどSearch ConsoleでXMLサイトマップを登録する際に必要です。)




XMLサイトマップの作成とGoogleへの通知方法

sitemap.xmlが自動生成される為、残りの作業はSearch Consoleでsitemap.xmlを送信するだけです。サイトを立ち上げ時にクローラーが来ないことには検索結果に表示されませんので、はじめの頃は必要な作業です。ある程度頻繁にページを追加すればクローラーの巡回頻度も高まります。


Search ConsoleでサイトマップXML送信

既にGoogleアカウントをお持ちの場合は、Search Consoleにアクセスします。まだお持ちでない場合は、Googleアカウントを取得してから作業します。


  • 1.サイトの右上部にある、「サイトを追加」をクリックします。
  • 2.お持ちのサイトのドメインを入力し、「続行」をクリックします。
  • 3.以降はSearch Consoleの手順に従います。

Search Consoleの画面からサイトマップの送信を行うには、以下の手順になります。


  • 1.左のメニューに、「クロール」の文字があります。まずそちらをクリック。
  • 2.ツリー上に展開され、「サイトマップ」の文字をクリック。
  • 3.画面右上の赤いボタン、「サイトマップの追加/テスト」をクリック。
  • 4.サイトマップのファイル名(通常はsitemap.xml)を入力し、「サイトマップを送信」ボタンをクリックします。



RSSフィードもSearch Consoleに登録しておく

Jimdoのブログに対応したRSSフィードも登録しておきましょう。
RSSフィードのURLは以下のような形式です。


ドメイン名/rss/blog


このURLを先ほどと同じ手順でサイトマップに追加しておきます。
XMLサイトマップはウェブサイト全体のページに対して、RSSフィードは最新のページを素早く検索結果に載せる為に登録します。
詳しくは、「XMLサイトマップとRSS/Atomフィードの組み合わせ」で解説しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部