検索クエリの種類と意味 インフォメーショナル・トランザクショナル・ナビゲーショナルの意図

2016年5月24日

検索クエリとは、検索する際にユーザーが入力するキーワードの単語、複数の単語・フレーズを意味します。
クエリ(query)は日本語で言うと質問、疑問を意味します。


検索エンジンは、「検索クエリのタイプによってユーザーが求めるコンテンツは異なる」という事を認識している為、検索クエリのタイプによって検索結果に表示されるコンテンツの傾向は異なります。


例えば「サッカー ワールドカップ予選」で検索するユーザーは、過去の勝敗や現在の順位、次の試合の日時を調べるユーザーが多い為、検索結果画面では、クエリと関連性の高いコンテンツを上位に表示させるようになっています。


検索クエリは大きく分けて3種類あり、
インフォメーショナルクエリ(情報関連)
トランザクショナルクエリ(購入・申込み関連)
ナビゲーショナルクエリ(特定のウェブサイトに”行く”)
と分類できます。


リスティングとSEOにおける検索キーワードと検索クエリの違い

検索キーワードと検索クエリは概念的な違いがあります。
検索クエリはユーザーの意図が含まれているという事に注意しましょう。


特にビッグワードの場合、例えば「旅行」というクエリの場合、その意図は検索ユーザーによって異なります。国内旅行、海外旅行、旅行代理店、ツアーなど様々な意図が隠れています。
検索キーワードとしては一語でも、クエリの意図は検索ユーザーによって様々にあるという事を認識しましょう。


リスティングのケース

リスティングの場合における検索クエリと検索キーワードとの違いは、検索クエリは検索ユーザーが実際にタイプする語句を意味し、検索キーワードは、広告運用上ターゲットとするキーワードを意味します。


リスティングキーワード

SEOのケース

SEO視点で言うと、以前はキーワードという単語で施策を行うという事が一般的でしたが、Googleがコンテンツを理解できるようになって以降は検索クエリの意味を理解して、検索ユーザーに役立つコンテンツを作成するという施策が一般化してきている為、あまり区別する必要はないかもしれません。
現在のSEOでは検索クエリの意図を理解して、検索ユーザーにとって役立つコンテンツを提供する事は最も重要な要素です。
ウェブ上に多数存在するコンテンツと比較して、より詳しく、よりわかりやすく、多くの人に指示されるコンテンツは検索順位で優遇されます。


Google検索上で自サイトにおける検索クエリの表示回数・クリック数、CTR、掲載順位を調査

自身で管理しているサイトが、Googleの検索結果上でどのようなクエリでどの位表示され、クリックされているか調べる事ができます。


  • Googleが無料で提供している「Search Console(旧ウェブマスターツール)」にまだ登録していない方は、まず先に登録しておきましょう。
    Search Console
  • Search Consoleにログインし、自身のサイトを選択します。
  • 左メニューの「検索トラフィック」をクリックし、「検索アナリティクス」をクリックすると検索クエリの詳細を確認できます。

検索アナリティクス

検索クエリが表示されない場合は、データが提供されるまでタイムラグがあるかもしれませんので数日待ちましょう。それでも表示されない場合は、設定が誤っていないか確認しましょう。
Googleアナリティクスを確認してオーガニック検索トラフィックのデータ全くなければ検索エンジンで全く検索されていない可能性もあります。


※GoogleアナリティクスとSearch Consoleが連携できていれば、Googleアナリティクス上の「集客」⇒「検索エンジン最適化」⇒「検索クエリ」のレポートでも確認する事ができます。




インフォメーショナルクエリの特徴 時系列で見やすいページが重要

インフォメーショナルクエリは、物事を調べる意図で検索されます。
SEOではインフォメーショナルクエリを狙って上位表示させる事で、潜在的な顧客を獲得し、ブランドを認知させてコンバージョンへと繋げます。


インフォメーショナルクエリ 検索ユーザーの意図

情報系キーワードには、次のような行動につながります。「言葉の意味を調べる」、「問題の解決方法を調べる」などがあげられます。


インフォメーショナルクエリの例

「内部SEOとは?」であれば内部SEOの方法について調べる。「XML sitemap 作成方法」であれば、sitemap.xmlの記述方法について調べる。「Googleアナリティクス 設定方法」であれば、文字通りです。比較的文章になりやすいキーワードかもしれません。


ページにあった目的でキーワード選定をしましょう

インフォメーショナルクエリは、コンバージョンの際に利用されるトランザクショナルクエリよりも前のセッションで使用されます。


例えば目的が、「内部SEOの方法を知りたい」場合、「内部SEOとは?」、「内部SEO 方法」で検索します。
そのページで解説しながら、「SEOチューニングサービス」や「SEO最適化ツール」の情報を解説し、商品ページへ誘導するともともと商品の存在を知らない訪問者に対して宣伝をしている事になります。


Googleアナリティクスでコンバージョンの設定をしておけば、どのキーワードがコンバージョンをアシストしているかチェックする事ができます。
※「マルチチャネルコンバージョンで、コンバージョンまでの動向をチェック」で解説しています。




時系列、タイムラインでページを見やすくする

WordPressなどのCMSを活用するとアーカイブページなどの作成や、RSSにより新着ニュース順に表示させる事ができます。
検索クエリーによっては年や月を入れて検索するケースもあります。


例えば「2011年6月 アルゴリズム変動」などの場合は、過去のニュースを調べたいという事になります。RSSやアーカイブページはもちろん、このようなクエリに対応する為には、記事ページに日付をきちんと入れる事もSEOでは重要です。


新着順になっていないページ

時系列にする事で検索ユーザーは求める情報を探しやすくなります。CMSの設定に誤りがないかチェックしましょう。


古い情報のみで更新していないページ

更新間隔と情報の鮮度は検索順位にも影響があります。
検索エンジンは特に情報の新鮮さが重要視されるようなクエリの場合は、「QDF」というアルゴリズムが働き、順位に影響します。


例えば毎年1回定期的に新着情報があるもの「確定申告」関連などは、年1回でも良いですし毎日新着情報があるようなスポーツ系の情報ワードは、頻繁に更新する必要があります。


古い情報のまま載せていると検索ユーザーへ誤った認識を与える事になる為、検索エンジンからの評価も低くなるようです。
サイトのテーマに沿って訪問者に役立つような最新の情報を掲載していくようにしましょう。




頻繁に更新した方がSEOに良い?

更新頻度と順位との関連性については、「SEO サイトの更新頻度(ページ追加)の影響と有効性」で解説しています。




トランザクショナルキーワードクエリ 検索クエリの特徴

トランザクショナルキーワードクエリは、ウェブ上での成約に結び付きやすく、検索ユーザー側は商品を購入したい、サービスに申し込みたいといった意図が含まれます。
SEOでは少なくともカバーしておかなければならないキーワードです。


トランザクショナルクエリの意図

トランザクショナルキーワードには、次のような行動につながります。
「商品の購入」、「無料でソフトをダウンロード」、「オンラインで支払う」、「オンラインゲームをする」、「花を贈る」、「デジカメ写真の印刷を注文する」、「動画を見る」などがあげられます。


トランザクショナルキーワードの例

「犬 ポスター」であれば「犬のポスターを選んで購入」、「ハリーポッター DVD」であれば「DVDの購入またはレンタル」など様々です。
検索ユーザーは、欲しいものを絞り込む為、複合キーワードとなりやすいのではないかと思います。


ページにあった目的でキーワード選定をしましょう

ECサイトの商品ページであれば、必ずトランザクショナルキーワードは含めましょう。
Googleアナリティクスでコンバージョンの設定をしておけば、どのキーワードがコンバージョンに結び付きやすいキーワードなのかをチェックする事ができます。各商品ページごとに異なるキーワードでSEOをすると効果的です。


認知が必要なサービスや商品のケース

扱う商品やサービスによっては、商品名やサービス名など特定の名称でのトランザクショナルクエリを発生させるには、その名称の認知が必要になる事があります。
このような場合は、インフォーメーショナルクエリに対応したコンテンツを作り、そのコンテンツを通して特定の商品やサービスを紹介するといった施策も有効です。




ナビゲーショナルクエリのキーワード

ナビゲーショナルクエリは、ある特定のページに行きたいという意図があって検索されます。
インフォーメーショナルクエリ、トランザクショナルクエリと異なり、特定のサイト内に辿り着いてから調べたり、アクションを起こしたりといった行動になります。


ナビゲーショナルクエリの意図

ナビゲーショナルクエリは、他のキーワードとは異なり、特定のウェブサイトに”行く”という意図になります。


ナビゲーショナルクエリ キーワード例

「amazon」、「youtube」、「東京大学」、「iPhone5」、「ジョルダン」などがあります。
「Facebook」も該当しますね。
検索キーワードは1語が多いのも特徴だと思います。


ページにあった目的でキーワード選定をしましょう

ナビゲーショナルクエリで検索される場合は、ウェブサイトや商品、ブランドが広く知れ渡っている状態を指す為、一般のウェブサイトではあまり意識する必要はないかもしれません。


ナビゲーショナルクエリの集客を増やすには、「他のメディアでプロモーションを行い、ブランド認知させる事(ブランド名を覚えてもらえれば、ブランド名検索が増える)」や、ウェブサイトの訪問者が再び訪れたいと思うような仕掛けが必要となるでしょう。
まずは、インフォメーショナルクエリとトランザクショナルクエリを意識しながら、SEOを行っていきましょう。




場所により検索結果が異なる検索クエリ

海外の場合は英語圏といってもイギリスもアメリカもオーストラリアもある為、同じ言葉であっても検索される場所により意味が異なったり、検索意図が異なったりするようです。
日本でもスマートフォンや、PCのIPから位置情報を取得して、マッチした検索結果を返すようです。


例えばfootballやsubwayは、場所により検索意図が異なります。
イギリスでは、サッカー、地下道という意味になりますし、アメリカではアメフト、地下鉄という意味になります。


Googleはこのように位置情報により検索意図が異なるという事を認識した上で、検索結果も変えているようです。
日本でも、そのエリア内で最も便利と思われる検索結果が表示されているのではないかと思います。
例えば「居酒屋 格安」で検索すると、Googleプレイスの枠内に最寄の居酒屋が表示されます。




一つの単語でも複数の意味を持つ検索クエリ

1ワードの検索クエリによっては複数の意味を持つ場合があります。例えば「ライオン」というクエリの場合は、社名と動物の2パターンがあります。主に普通名詞と社名・ブランド名のパターンが多いのではないかと思います。複数の意味を持つ検索クエリに関して、検索エンジンは3パターンで分類しているようです。


3種類の検索クエリ

複数の意味を持つ検索クエリはおおまかに3つです。検索エンジンを利用する際に「ほとんどのユーザーが思い浮かべるクエリ」と、「いくつか候補があげられるもの」、「検索する可能性はあるが、ほとんどのユーザーは知らないもの」があります。


ほとんどのユーザーが思い浮かべるクエリ

ワンピースで検索する場合、服に関する情報よりも圧倒的にアニメに関する意図が多いのではないかと思います。


いくつか候補があげられるもの

アマゾンで検索する場合、社名のアマゾンで商品を調べたり購入するという意図と、アマゾン川に関する情報を知りたいといった意図の複数あります。この場合は検索結果1ページ目にどちらも表示されています。(2012/9/18現在)


検索する可能性はあるが、ほとんどのユーザーは知らないもの

アレグロで検索する場合、音楽用語が多いと思いますが、アレグロマーケティングという社名のホームページを探す為に検索される方も少しはいるとは思いますが、ほとんどは別の意味で検索されてそうですね。


様々な検索クエリの特徴を把握してSEOに役立てる

検索クエリの特徴を理解したら、クエリの意図を理解して検索ユーザーに役立つコンテンツを作成していきます。
SEOを行う際に重要なキーワード選定と管理方法については、「SEOキーワード選定のコツと1ページで意識するキーワード数」で解説しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)

follow us in feedly


関連記事


SEO管理ツール Spresseo(エスプレッセオ)

コンテンツが増えてきたらランキングの管理をツールで効率化しましょう。
ページごとの内部最適化や、キーワードの順位取得や競合比較、獲得した被リンクのレポートを自動化できます。



▲ ページトップ ▲
自動XMLサイトマップ管理ツールトライアル版配布中