SEO・検索順位チェックツールの使い方


検索順位を計測する為には、検索キーワードの数にもよりますが、多くのキーワードで計測したい場合には、一般的には検索ランキングをチェックするツールを活用すると思います。


検索順位チェックツールの活用目的は、外的環境の変化で大分変わってきていると感じます。この記事では、昔の順位チェックツールの用途を踏まえて現時点で当ブログでも行っている順位チェックツールの活用法を解説します。




昔の順位チェックツールの用途

例えば数年前は、SEO業者のサービスの中で目的のキーワードで上位表示されればその期間をベースに課金しているものもありました。成果報酬SEOといったサービスというモデルが当てはまると思います。


成果が明確にキーワード順位である場合には、クライアント側も業者側も双方で順位を計測する手間を省く為に順位チェックツールを活用していました。


結果的には成果報酬型のSEOサービスは衰退してきていると言われています。
その理由として考えられる事として、以下の2つは大きく関係していると認識しています。


成果報酬型サービスの質

1つは、キーワードの上位表示課金のサービス自体の問題があります。
具体的には、成果の基準が「キーワード順位」で良いのか?といった議論や、業者によるSEOが実はバックリンクを付けていくといった施策(ペイドリンクはGoogleのガイドライン違反)であったり、そもそも何もしないで順位が上がるのを待つだけの業者が存在したりといった具合に、様々な問題がありました。


多くのクライアント企業に対して、メディアやGoogleのウェブサイト上でSEO業者選定に関する注意喚起が行われていたのもこの時期です。


Googleによるスパム取締り強化

2つ目は、Googleのペンギンアップデートパンダアップデートによって、上記のようなSEOでは効果が無いというだけではなく、最悪ペナルティを受けてしまう事もでてきた為、外部SEOを行うようなSEO業者は淘汰されてきたという点です。


キーワード順位を成果とするような業者からの提案が減り、クライアント側も検索順位だけを成果として見るのではなく、トラフィックの増加や収益の改善なども含めて総合的に見るという認識が広まっています。
順位だけを見ていくと、業者任せの誤ったキーワード選定により上位表示されてもトラフィックが一切改善しないといった事が起こりうるからです。
順位チェックツールを正しく活用する場合にはトラフィックを生むキーワードの順位を定期的にチェックしていく事が重要です。




Google検索の仕様変更 not provided

これに加えて現在はGoogle経由のオーガニック検索キーワードの計測ができなくなる仕様変更があり、ページごとのキーワード順位の影響がわかりにくくなりました。
※詳しくは、「検索キーワードに表示されるnot providedとは?」で解説しています。
次第にキーワードと順位の意識は薄れていっているように思います。




順位はあくまでも成果の1つ

ウェブ運営者は、利益向上や、コンバージョンアップを目標とした場合、そこに結びつけるには、コンテンツの質や導線が重要で、その前にウェブ上の集客向上があり、その手法に広告やSEO、メルマガなどがあります。


SEOと順位だけがマーケティングではありませんので、キーワード順位ばかりを注視する必要はありませんが、一切見る必要は無いという事ではありません。


当ブログの場合、集客のほとんどがロングテールSEOによる様々な複合キーワードの為、多くのキーワードのパターンが考えられます。
場合によっては文章で検索されるものもあり、複合キーワードでも5個以上のワードで構成されるものもあります。


これらの細かいキーワードの順位を計測して、毎日検索順位のアップ・ダウンを見て何か施策を考えていくという事自体に労力をかける事はありませんが、トラフィックのボリュームの多いキーワードや、強化したいキーワードなどをグループ化して管理し毎日順位動向を見ながらSEOを行っています。




検索順位を調べる!当ブログで実践している順位チェックツール活用法

ここでは、現在当ブログで行っている順位チェックをウェブサイト運営に活用する方法をご紹介します。
まず対象とする検索エンジンは国内であればGoogleのみでも充分です。付け加えるならBingを含めるぐらいでしょうか。
Yahoo!JapanはGoogleのエンジンを採用している為、順位について差はほぼありません。
詳しくは「Yahoo!とGoogleの検索順位の違い」で解説しています。


Googleの検索順位の仕組み

GoogleはGoogle botと呼ばれるクローラーで実際にあなたのウェブサイトの各ページを巡回します。
巡回されたページは200以上のシグナルをもとに評価され検索順位としてランキング付けされます。


Googleの順位は、現在ではコンテンツの質コンテンツにマッチする信頼できる被リンク(外部からの評価)が重要な要素となっています。
その為、順位に影響するテクニック的な要素は大分少なくなってきています。また、テクニックでは小幅な順位改善はあったとしても、大きな順位改善は見られなくなりました。
Googleはコンテンツの質を正しく判断できるようになってきているという事を実感しています。


その為このブログでは、検索順位というものの認識を以下のようにとらえております。


キーワードで検索するユーザーにマッチするコンテンツの質を順位で判断する指標


つまり順位が低いという事は、検索ユーザーが求めるコンテンツとして質が低いのだという事を認識し、コンテンツに訪問者が求めるようなトピックの追加、最新の情報の追加、訪問者目線でのタイトルの変更などを行い順位とトラフィックを向上させています。


他の競合ウェブサイトとの相対的評価になりますので、自身でコンテンツの質を再確認する上でも役に立ちます。


新規ウェブサイトの検索エンジン評価をGoogleの検索順位で確認する

目的としてはオーソドックスですが、新規でウェブサイトを立ち上げた際に、複合キーワードを見ていくという事が重要です。


順位チェックツールでは、多くのキーワードを登録する事ができます。
ビッグワード以外にもビッグワードを軸にした2~3の複合キーワードでの順位も確認できる為、新規で立ち上げたウェブサイトのコンテンツの評価を測る上で活用します。
ツールを使わないと自力で行う事になり、せいぜい3つ程のビッグワードのチェックぐらいで面倒になってしまいます。


検索順位が上がらない?Googleの検索順位を上げる方法や取り組み

なかなか検索順位が上がらない場合は、似たような競合コンテンツがたくさんあり、それらと比較してコンテンツに厚みがなかったり、オリジナリティがなかったり、訪問者にシェアされていなかったりといった事が考えられます。


コンテンツそのものの質と、コンテンツを拡散させる方法を考える必要があります。
※特定の複合キーワードだけ順位が上がっている場合は、その複合キーワードと作成されたコンテンツの関連性が競合となるウェブサイトと比較して相対的に高く評価されている事を意味します。


SEOを行う上でキーワード選定の考え方はとても重要です。
詳しくは、「SEOキーワード選定のコツと1ページで意識するキーワード数」で解説しています。


検索順位が大きく下がったら?コンテンツの質や鮮度を観察する

まずはスパムをしていないことが前提となります。
その上である程度集客が出来ているページのキーワードを対象に順位を計測します。
特にコンバージョンに貢献しているページの集客キーワードを重点的に観察します。


ページ集客に影響する程順位が落ちた際

特にコンバージョンに大きく関わるようなページのキーワード順位が落ちた場合は集客も減り、コンバージョンも減ります。


検索キーワード順位

今まである検索キーワードで不動の1位または上位に位置していたページの順位が何かをきっかけに落ちてしまうという事は良くあります。
原因としては、コンテンツが古くなってしまった場合や、競合のコンテンツが評価されてきている事が考えられます。
そのままコンテンツを放置するよりは、コンテンツを最新の情報を含めてメンテナンスしたり、競合のコンテンツの質を上回るようにコンテンツを強化する必要があります。
サイト内のコンテンツのメンテナンス方法については、「サイトの更新頻度(ページ追加)の影響と有効性」で解説しています。


ミドルワードで上位表示されるようになると、コンテンツの質や鮮度はより重要になっていきますので競合の動向を察知して素早く対処する意図で活用しています。


ウェブサイトのテクニカルな問題を素早く察知

ケースとしては少ないかもしれませんが、コンテンツの質以外にも、ウェブサイトをリニューアルしたり、SSLに切り替えたりする際などテクニカルな問題が発生する事があります。


一般的にはリダイレクトの設定ミスや、robots.txtの記述ミス、URLの正規化のミス、Search Console(旧ウェブマスターツール)の誤った使い方などによって順位、集客を大きく落としてしまう事があります。
Search Consoleを確認するという事はもちろんの事ですが、上記のような設定ミスは検索順位に影響しますので、順位が落ちてしまった場合には原因の一つとして確認します。


アルゴリズムの修正や追加による順位変動

広範囲のキーワードで順位計測を行っていれば、Googleのアナウンスと照らし合わせることでアルゴリズムが原因による変動かどうかを推測することができます。
※あくまで推測です。


基本的には、コンテンツの質とユーザビリティの改善に注意を払っていれば、アルゴリズムによる順位変動の影響は受けない場合が多いです。




当ブログで活用している順位チェックツール

検索順位チェックツールで管理するキーワードはそのままコンテンツのトピックリストして管理しています。
順位が高くトラフィックを多く集めているキーワードは質の高いコンテンツ、順位が低いキーワードは質が低いコンテンツと考えています。

※圏外のキーワードがあれば今後そのトピックを含めたコンテンツを作成していく事になるでしょう。


当ブログでは、クラウドタイプの順位チェックツール「SE Ranking」で順位を計測してウェブサイトのメンテナンスに活用しています。
PCインストール型の「Rank Reporter」と比べると、それぞれ長所・短所があります。

Rank Reporterの特徴

Rank Reporterは個人利用の場合には価格的におすすめです。


検索順位チェックツール Rank Reporter

長所

  • 更新費用がかからない
  • キーワード、ページ数無制限

短所

  • インストールPC上(同一IP)から順位取得を行う為、キーワード数が多いとIPブロックにより順位取得が失敗する事があります

クライアントへのレポートなど、検索順位の信頼性を重視する場合には、SE Rankingのようなクラウドタイプのツールの方が順位取得を安定して行う事ができます。


SE Rankingの特徴

SE Rankingは企業で規模の大きなSEOキャンペーンを行う場合に効率的なツールです。
クラウドタイプのツールの為、サーバー側で自動的に順位取得を行います。


順位概要 - seranking

長所

  • クラウドタイプの為、複数人で利用できる
  • グループ管理やソートが行いやすく、効率的にキーワードを管理
  • 順位取得精度もPCソフトより高い
  • モバイル・デスクトップ順位取得が可能
  • 国別、地域指定の順位取得が可能
  • 内部最適化機能や、被リンクチェック機能、レポート機能など企業で運用する際に必要な機能を搭載

短所

  • 月額課金となる為、効率化によるコスト軽減に見合うかどうかが判断基準



このサイトでも多くのSEO支援ツールを活用しています。
詳しくは、「おすすめの無料・有料SEOツール」をご参照ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部