ページネーションとは? rel prev/next

ページネーション

ページネーション(pagination)とは、長いコンテンツを複数ページに分割して、ユーザーがページを辿れるように分割されたページに番号を割り振ったナビゲーションリンクです。ページ送り、ページ割り、ページ分割などとも呼びます。

大量の画像を表示する場合や、長文を扱うコンテンツがあった場合に、そのまま1ページで表示させるとページの読み込みが遅くなる為、離脱が増えます。
その為、複数ページに分割するといった解決方法がページネーションです。

Googleの検索結果ページの例

Googleの検索結果ページもページネーションを使用しています。1ページ目、2ページ目とページ番号が割り振られて遷移する事ができます。

Google SERP ページネーション
WordPressの一覧ページ例

WordPressなどのコンテンツ管理システムを利用している場合は、ブログのカテゴリ一覧や月別アーカイブ、ECサイトであれば商品カテゴリ一覧ページで1ページ内に表示される記事件数の制限をオーバーすると、2ページ目へ移動するリンクが自動的に表示されます。

WordPress カテゴリ一覧 ページネーション
目次

ページネーションとSEO

検索エンジン向けに複数ページに渡るコンテンツの関連性を示す為に、以下のようなページネーション用のタグが利用できます。

<link rel=”prev” href=”https://www.allegro-inc.com”>
<link rel=”next” href=”https://www.allegro-inc.com/page-3″>

日本で最も利用者の多いGoogleでは、2019年より大分前にサポートを終了していて、現在はその役目を終えている為、実装してもSEOに関する影響はありません。
ページネーション用のタグがサポートを終了したからといって、Bing等の他の検索エンジンはサポートしていますので、急いでタグの記述を削除する必要はありません。

Google向けページネーション実装の注意点

基本的には特別な作業は必要ありませんが、Googleは複数ページに渡るコンテンツの関連性を理解する為に以下のポイントを見ているようです。そして現時点では一般的なページネーションであればGoogleは特別なタグを必要とする事なく認識できるようになっているようです。

English Google SEO office-hours from April 1, 2021

リンクで使用するURLの構造をシンプルにわかりやすくする

従来通り、複数ページに渡る関係性がURL構造でわかるようにしておきましょう。

1ページ目: https://www.allegro-inc.com
2ページ目: https://www.allegro-inc.com/page-2
3ページ目: https://www.allegro-inc.com/page-3
4ページ目: https://www.allegro-inc.com/page-4

ページタイトルにページの番号を表示

ページタイトルは検索結果で表示される場合が多いです。検索エンジン向けにページ間の関係性を示す為に、ページの番号も表示するようにしましょう。

1ページ目: <title>SEO情報とニュースまとめ | アレグロのSEOブログ</title>
2ページ目: <title>SEO情報とニュースまとめ | アレグロのSEOブログ – Part 2</title>
3ページ目: <title>SEO情報とニュースまとめ | アレグロのSEOブログ – Part 3</title>

ヘッダー箇所にページの番号を表示

ページの大見出し等、コンテンツ上部のわかりやすい位置にページ番号を記載。訪問者と検索エンジン向けに何ページ目であるかわかりやすく表示しましょう。

ページネーション用のナビゲーションを配置

前のページ、次のページへのリンクを含むボタンもGoogleは参考にするようです。URLの構造に問題が無いか確認して、前後のページの関係性がわかるナビゲーションリンクを配置しましょう。

ページネーションで2ページ目以降から1ページ目に正規化してはいけない

ページネーションで使用するページに重複するコンテンツはないはずです。このような使い方をすると、ページネーションの2番目のページは表示されても、3ページ目以降は検索結果から除外される場合があり、コンテンツの評価を失うことになります。
検索結果に1ページ目を表示させたい場合はページネーションで使用するページを一つにまとめたコンポーネントページを作り、そこに向けてrel=canonicalを指定する方法があります。

お役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

機能豊富なSEO管理ツール

企業のウェブ担当者・コンサルタントに最適
貴社の予算に合わせた柔軟な料金体系
サブアカウントを作成して情報共有の効率化

この記事を書いた人

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。
著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)

コメント

コメントする

目次
閉じる