schema.orgとは?構造化データのマークアップとリッチリザルト表示

目次

リッチリザルトとは?

リッチリザルトとは、Googleの検索結果に表示されるスニペットを拡張したものです。
2009年にGoogleが発表し、ページ上に構造化データをマークアップする事で、リッチリザルトが表示されるようになります。

構造化データとは?

構造化データとは、検索エンジン向けにコンテンツを分類し、ページの意図をより正確に理解してもらう為に標準化されたデータ形式です。例えばレシピであれば、カロリーや材料、時間のデータ、レビューであれば評価、商品であれば価格などのデータを特殊なタグでマークアップします。またはJSON-LDで記述します。

構造化データ JSON-LD
構造化データ JSON-LD

検索結果のリッチリザルト表示例

構造化データをマークアップしていない場合には、検索結果には以下のようにタイトルURLスニペットのみが表示されると思います。
※ブログの場合には日付がページ上に表示されていれば検索結果にも日付けが表示される事もあります。

日付情報

更新日表示
日付情報

日付もマークアップする事ができますが、確実に指定した日付が表示されるわけではありません。
あくまでもGoogleのアルゴリズムが適切と思う日付が表示される為、自身でコントロールする事はできないようです。

公開日と更新日の両方を構造化データでマークアップするとGoogleにその記事の日付情報に関して、より適切な情報を伝える事ができます。

パンくずリスト

検索結果のパンくず表示
パンくずリスト

パンくずナビゲーションを活用しているウェブサイトであれば、パンくず自体もマークアップする事ができ、検索結果に以下のように表示されます。

Google Developers
Breadcrumb  |  Search Central  |  Google Developers
Breadcrumb  |  Search Central  |  Google Developers

構造化データをマークアップする事で、検索結果に価格やレビュー数、評価や、レシピであればカロリーや時間などの情報も表示させる事ができます。

価格

検索結果の価格表示
価格表示

カロリーと時間

調理時間とカロリー表示
調理時間とカロリー表示

レビュー評価と件数

平均評価やレビュー数表示
平均評価やレビュー数表示

LocalBusiness と Organization の schema typeに関しては自身で提供されたレビューの場合は、リッチリザルト表示の対象外となるようです。つまりウェブサイトに直接レビューを記述してマークアップした場合、またはサードパーティーのレビュープラットフォームのウィジェットを自身のウェブサイトに埋め込んだ場合のどちらに関してもリッチリザルト表示の対象外です。

Google Developers
Making Review Rich Results more helpful  |  Google Search Central Blog
Making Review Rich Results more helpful  |  Google Search Central Blog

FAQ

構造化データFAQページ例
FAQ

ハウツー

schema.org ハウツー デスクトップ検索結果
デスクトップ検索結果

過去採用されていた著者情報のリッチリザルト

2014年6月25日にGoogle検索から、プロフィール写真が表示されない仕様となり、著者名も現在は表示されていないようです。

以前は検索結果に以下のようなプロフィール写真と著者名が表示されていましたが、ほとんど検索結果のクリックに影響しないようだった為、著者情報表示を終了したようです。

著者情報表示

当ブログの場合では、2012年10月14日~10月24日と、著者情報掲載後の10月25日~11月4日で、当時のウェブマスターツール(現在のSerch Console)で比較してみた所、コンテンツの種類によって影響の度合いが異なりました。
ハウツー系のコンテンツでは少なくとも1%、少数のページで6%程の上昇がありましたので、少々残念に感じた記憶があります。その後競合ページも同様に対応した為、クリック率は徐々に元に戻りました。

Googleの検索結果がおっさんの顔で占拠されるという状態がなくなった事に歓迎する声もあったようです。

セマンティック検索という技術と概念

リッチリザルトや、構造化データの説明の前に、セマンティック検索という意味を理解しておきましょう。

以前の検索エンジンは、検索ユーザーの意図やコンテンツの意味を文字列から判別するしかなく、意味を完全には理解していませんでした。
セマンティック検索では、意図や意味を理解して最適な情報を提供します。主要検索エンジンはこの技術の実現に取り組んでいます。

検索ユーザーの利便性を高める為には、検索ユーザーの検索の意図や、検索結果として表示するコンテンツの意味をより正確に理解する必要があります。

具体的には構造化データに代表されるように、コンテンツにマークアップを行う事で検索エンジンが意味をより正確に理解できるようになります。会話型検索で大きな改善が見られたハミングバードや、人工知能で検索クエリやコンテンツの意図を理解するランクブレインといったアルゴリズムが代表的ですが、検索エンジンは検索の意図をより正確に理解ができるように発展しています。

背景にはこのような技術や概念があるという事を理解した上でリッチリザルトを活用しましょう。

リッチリザルト表示のメリット

検索結果上の視認率向上につながります。簡単に言えば目立つという事です。

視認率は向上 でも流入が増えるとは限らない

流入の増加に繋がる事もありますが、検索結果画面(SERP)で内容を確認できる為、検索ユーザーがわざわざウェブサイトに訪問する必要が無くなってしまうケースも考えられます。仮にこのようなケースに該当してしまう場合には、マークアップを削除するという方法も検討する必要がでてくるでしょう。

順位への影響は?

マークアップ自体はGoogleのランキングには直接的に影響しないとされています。
しかし、2017年11月のPubconでのGary Illyesの発言では、次のように発言しています。

Schemaの使用は、Googleのページの理解を助け、間接的にはある意味ランキングが向上する結果となる。なぜならランク付けが容易になるからです。

The SEM Post Adding Structured Data Helps Google Understand & Rank Webpages Better

GoogleのJohn Mueller氏も同様の発言をしています。

構造化データの使用は、一般的な順位上昇には繋がりません。私の知る限りこの事については変更はありません。ただし、構造化データはそのページが何であるかの理解を手助けし、適切な場面で簡単に表示できるようになります。(ターゲティングの向上、適切な用語での順位付けもあるかもしれない。)

Twitterの発言より

Googleがコンテンツを理解しやすくなる

構造化データをマークアップする事で、Googleはコンテンツをより理解するようになると言われています。
今のところ大きな影響はありませんが、Googleも注力している分野のようです。

Googleがサポートするリッチリザルトのデータタイプ

Googleのページによると、以下の項目を含めて様々なデータタイプがサポートされているようです。

詳しくは「リッチリザルト テスト」をご参照ください。

複数のタイプの構造化データ使用について

一ページに対して複数タイプの構造化データを使用しても全く問題無いようです。

Google Developers
General Structured Data Guidelines | Google Search Central
General Structured Data Guidelines | Google Search CentralFollow our general guidelines for structured data. These guidelines will help your structured data be eligible for rich Google Search results.

構造化データをマークアップしたからといって、必ずリッチリザルトが表示されるわけではありません。
例えば以下のケースでは表示されない場合もあるようです。

  • 技術的なミスがある
  • ガイドラインに違反している
  • 質の低いコンテンツの場合
  • 検索クエリにふさわしくない場合
  • 変更して間もない場合(検索ボットが巡回して、処理するまで時間がかかります。)

技術的なミスがある

正しくマークアップできているか確認するには、Googleが提供している「構造化データ テストツール」を使いましょう。
使い方についてはこのページの後半で解説しています。

マークアップが完了したら構造化データ テストツールでチェック」で解説。

ガイドラインに違反している

ガイドライン違反については、Googleのアナウンスでは以下のように記述があります。

リッチ スニペットのマークアップが、スパムのような内容を含む場合、誤解を招きやすい内容である場合、あるいはリッチ スニペットを悪用する意図があると思われる場合は、Google のアルゴリズムはそのマークアップを無視し、テキストだけのスニペットを生成する可能性が高くなります。リッチ スニペットはアルゴリズムによって生成されるものですが、ユーザー エクスペリエンスを阻害するような行為を発見した場合、Google には手動で対処する(特定のサイトのリッチ スニペットを無効化するなど)権利があります。

リッチ スニペットに関するガイドラインを公開しました

構造化データのガイドラインについては、「Structured Data General Guidelines」で公開されています。

質の低いコンテンツの場合

John Mueller氏のコメントによると品質が問題となっている場合には、「site:」コマンドを使用して確認します。
例えば、当ブログであれば、検索窓に以下のように入力します。

site:allegro-inc.com

この方法でリッチリザルトが表示されているにも関わらず、通常の検索でリッチリザルトが表示されないのであれば、品質に問題があるかもしれません。この場合は品質を改善する必要があります。

English Google Webmaster Central office-hours hangout

一般的な構造化データのエラー

「Google Developers」の記事で、一般的なエラーの原因となる例が記述されています。
期待通りにリッチリザルトが表示されない場合には、一度確認しておきましょう。

構造化データに関する一般的なエラー

構造化データマークアップの準備 ボキャブラリとシンタックスとは?

Google、Microsoft、Yahoo! の検索エンジン三社が仕様策定に取り組むschema.orgという組織があります。
このschema.orgで定義されているボキャブラリー(用語)をもとにマークアップする方法が一般的です。
詳しく確認する場合には、schema.orgをご参照ください。

マークアップの補助や、チェックを行える便利なツールがGoogleで用意されていますので、HTMLの知識があれば誰でも簡単にマークアップする事ができます。このページの後半で解説します。

Organization of Schemas

尚、schema.org利用が増えた事でData-Vocabulary.org のサポートについては2021年1月31日で終了しています。

利用可能なシンタックス

マークアップを行う際には、以下のsyntax(シンタックス)を選択できます。

  • Microdata
  • RDFa
  • RFDa Lite
  • JSON-LD

Googleの構造化データ マークアップ支援ツールでは、Microdata形式とJSON-LD形式のどちらかを選択できます。
では、実際にマークアップに挑戦してみましょう。

構造化データ マークアップ方法

リッチリザルト表示の方法は大きく以下の2通りあります。

  • 直接HTMLでマークアップ
  • データ ハイライターを活用 – Googleのみ

直接HTMLでマークアップする為に「構造化データ マークアップ支援ツール」を使用するという方法が一般的です。
直接マークアップが出来ないウェブサイトや、技術的に不安な場合は「データ ハイライター」の活用をおすすめします。
GoogleのJohn Mueller氏は、自由にコントロールできて、細かい調整を行うなら直接マークアップすることをすすめています。

この二種類のツールの特徴は以下の通りです。

構造化データ マークアップ支援ツール

HTMLで直接マークアップします。
Google以外の検索エンジンでも活用できるという点が大きな利点です。
サイト構造が頻繁に変更される場合にも、この方法は確実にマークアップできる方法です。ウェブサイト制作を内製化している企業で、マークアップを行える知識とリソースがあればこの方法は確実で正確です。

データ ハイライター

HTML修正は不要で、マウスのみの操作で簡単に設定する事ができます。
ウェブサイト制作をアウトソースしていたり、ショッピングカートサービスの仕組みを利用している場合など、簡単にHTML編集を行える環境では無い場合は、「データ ハイライター」を使ってリッチリザルト表示を実現する事ができます。
ただしこの方法はGoogleにのみ有効な方法で、自動的にパターンを判別する為、ウェブサイトの構造が変わった場合には、Googleが正しく認識できなくなる場合があります。

構造化データ マークアップ支援ツールの使い方と手順

STEP
構造化データ マークアップ支援ツール

以下のリンクをクリックして、「構造化データ マークアップ支援ツール」を開きます。

あわせて読みたい
ログイン - Google アカウント
STEP
URL入力

既に公開しているページであればURLを入力し、公開前のページであればHTMLソースを貼り付けます。
ここでは既に公開しているページをもとに解説します。

構造化データマークアップ支援ツール
STEP
データタイプを選択

データタイプを選択し「タグ付けを開始」ボタンをクリックします。

STEP
必須項目を指定

データタイプごとに、必須項目が異なります。
必須項目は必ず設定し、それ以外の項目もマークアップ可能なものは設定しておきましょう。
マークアップが終わったら「HTMLを作成」ボタンをクリックします。

必須項目を指定する
STEP
HTML作成

画面右側にマークアップされたHTMLが生成され、マークアップ箇所が黄色くハイライトされて表示されます。

生成されたHTML

マークアップが完了したら「リッチリザルトテスト」でチェック

Googleの提供する「リッチリザルトテスト」で正しくマークアップされているかテストする事ができます。
以下のページをクリックしてテストしましょう。

あわせて読みたい
リッチリザルト テスト - Google Search Console

問題が無ければ以下のように表示されます。

リッチリザルトテスト結果

データ ハイライターを活用する場合

Search Consoleにウェブサイトを登録した上で、以下のページをクリックします。

あわせて読みたい
データ ハイライターについて - Search Console ヘルプデータ ハイライターはウェブマスター ツールの 1 つで、ウェブサイトの構造化データのパターンを Google に伝えるものです。データ ハイライターを

プロパティを選択して、「ハイライト表示を開始」ボタンをクリックして、手順に沿って設定します。

データハイライター

リッチリザルトが表示されるまでの期間

構造化データマークアップを行ってもすぐに検索結果にリッチリザルトが表示されるわけではありません。
Googleのクローラーが巡回し、マークアップを確認してからの処理となります。
このブログの場合は、早ければ翌日、遅くて4~5日で反映されました。

構造化データテストツールとリッチリザルトテストの違い

2020年7月にリッチリザルトテストのβテストが完了し、構造化データテストツールのサポートは終了するとアナウンスされました。その後アナウンスは撤回され、2021 年 4 月までに構造化データ テストツールを改良し、schema.org コミュニティを提供する新しいドメインに移行するとアナウンスしています。

Google Developers
An update on the Structured Data Testing Tool
An update on the Structured Data Testing Tool

二つのツールの違いについては以下のようになります。

構造化データテストツール

マークアップの構文と schema.org 規格への準拠を確認
Google検索のリッチリザルト タイプは今後チェックしません

リッチリザルトテスト

Google 検索のリッチリザルト タイプを確認

Googleは動画のマークアップも推奨している

ビデオ(動画)に対してschema.orgでマークアップする事をGoogleは推奨しています。動画のマークアップは、「構造化データ マークアップ支援ツール」では見つけられない為、以下のページを見ながら記述する事をおすすめします。

あわせて読みたい
VideoObject - Schema.org TypeSchema.org Type: VideoObject - A video file.
お役に立ちましたか?シェアして頂けると嬉しいです!

SE RankingのサイトSEO検査ツール

全てのページを高速かつ低負荷で巡回
問題点を抽出し、重要度を3段階に分類してレポート
定期的に自動で検査を実施

この記事を書いた人

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。
著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)

コメント

コメントする

目次
閉じる