SEO用語集(作成中)


SEOの歴史について

世界最初の検索エンジンはArchieです。1990年にインターネットで情報を検索できる仕組みを開発しました。その後1998年にGoogleが現れ、検索市場でトップになるまでに成長しました。全世界の検索のおよそ7割はGoogleが使用されています。
検索エンジンの出現後、サイトの運営者達は、「検索エンジンに合わせてウェブサイトの修正を行う事で、順位が変化して訪問者を増やせる」事に気がつきました。これがSEOです。
当初のSEOテクニックは原始的な方法でした。
検索キーワードをHTMLタグ上やページ上のテキストとして、何度も繰り返して含める事で、簡単に上位表示させる事ができたようです。(今では通用しません。)
その後検索エンジンは進化し、順位を操作するようなスパム(迷惑)行為を見抜き、訪問者にとって価値のあるウェブサイトを評価できるように改良されていきました。
これからGoogle向けにSEOを始めるのであれば、Googleが定めるウェブマスター向けガイドラインを守って質の高いコンテンツを作成する事が重要です。


あ行


か行


さ行


は行


ま行


ら行


C行


H行


I行


N行


P行


Q行


R行


S行


U行


X行


このエントリーをはてなブックマークに追加


野澤洋介

この記事を書いた人

アレグロマーケティング代表取締役 野澤洋介

SEOは考え方はシンプルですが、いざ実践するとなかなか思うようにいきません。
当ブログでは、読者の方に成功も失敗も合わせて情報を共有し、同じような悩みを解決できればという思いで運営しています。


著書:「最強の効果を生みだす 新しいSEOの教科書」(技術評論社)



関連記事




ページ上部